テレビアニメ『3月のライオン』公式カフェが、9日、JPタワーKITTE4階にオープン。作品をモチーフにした内装や装飾で、ファンならもちろん、ファンならずとも楽しめる『3月のライオン』カフェの様子を、オープン直前に行われた内覧会の模様と共にご紹介したい。

 『3月のライオン』は、羽海野チカの同名人気コミックが原作。8日に第1話が放送されたテレビアニメはシャフトが制作し、新房昭之監督がメガホンをとる。物語の主人公は事故で家族を失い、心に深い孤独を負う17歳のプロの将棋の棋士・桐山零。東京の下町に一人で暮らしていたが、川本あかり・ひなた・モモという3姉妹と出会ったことで、徐々に変化していく零の心の成長と青春を描く。神木隆之介主演の実写映画化も決定しており、2017年3月、4月と2部作で公開される。

 10月9日から12月30日までの期間限定オープンの『3月のライオン』公式カフェ。コンセプトは、『3月のライオン』のファンはもちろん、そうでない人も楽しめる空間。いつ来ても楽しめる空間を目指すとのことで、テレビアニメの放送と合わせて、内装や装飾もアップデートしていく予定となっている。

 カフェの外観は、アニメのキャクターデザインを担当する杉山延寛が描き下ろした零・あかり・ひなた・モモがお出迎え。中に入ると、ニャーや猫の足跡が可愛くデコレーションされたテーブルが並び、壁際にはアニメの場面写真を展示。キャスト陣や原作者・羽海野チカ、新房昭之監督のサインなども飾られている。場面写真は、アニメの放送と合わせ、随時アップデートを予定しており、オープン時は、第1話の場面写真が展示されている。また、カフェオリジナルのグッズや関連グッズも販売されており、グッズも入れ替えを予定しているという。

 気になるコラボメニューは、コミックに登場する料理を再現することをコンセプトに、川本家の人気メニューをはじめフード4種、ドリンク2種、スイーツ2種を用意。フードは1種注文するごとにキャラバッジ1個が付き、「あかり特製豚コマカレー」「あかり特製とろっとろの角煮ごはん」「零のひとりメシ〜たまごパン〜」「ガーリックトースト&ツナのマカロニサラダ〜ひなたの合格祝いのお裾分け〜」の4種。ドリンクには、コースター1枚が付き、「三日月堂特製あずきミルクティー」「ちほちゃんの梅シロップ風味フルーツポンチソーダ」の2種。スイーツは、「川本3姉妹の大好物!全部のっけあんみつ」(キャラバッジ1個付き)、「ニャーの肉球クッキー」の2種となる。
 
 『3月のライオン』の世界観に浸れるテレビアニメ『3月のライオン』公式カフェは、12月30日までJPタワーKITTE4階にて開催中。