GReeeeNの名曲『キセキ』の誕生にまつわる軌跡と奇跡を、松坂桃李&菅田将暉のダブル主演で描く映画『キセキ‐あの日のソビト‐』で、GReeeeNを演じるリーダー・ヒデ役の菅田将暉、ナビ役の横浜流星、クニ役の成田凌、ソウ役の杉野遥亮が、「グリーンボーイズ」として2017年1月24日にCDデビューすることが決定した。

 本作は、GReeeeNの名曲『キセキ』の誕生秘話を、松坂桃李演じるジンと、菅田演じるヒデの姿を中心に描いた作品。「このままで終わりたくないと思っていました」と話す菅田は「技術は持っていないし、決してうまくはないけれど、純粋に音楽を楽しみ、音楽を伝えていきたい、そんな思いのつまった僕らなりの音楽です」とCDデビューへの意気込みを語っている。

 横浜は「歌を歌わせて頂きその歌がリリースされるということは、この上なく幸せな気持ちです」と心境を明かし、成田は「声がコンプレックスで歌が苦手だと悩み続けていた先日までの僕に報告してあげたいです」とコメント。一方の杉野も「みんなで一緒に、撮影中に培ったものを音楽という形で表現できる幸せに感謝しています」と喜びを語った。一足早くその歌声を聞いたGReeeeNのHIDEは「少し恥ずかしくもなりましたが、とても魅力的に思いました」と絶賛。今回、4人がクローゼットの中でデビュー曲『道』のレコーディングを行う姿を収めた特別映像も公開され、グリーンボーイズの声がお披露目となった。

 また、GReeeeNが10年前にデビューした日と同じ、1月24日のCDデビューに先駆けて、11月9日にはグリーンボーイズ版の「キセキ」が先行配信されることも決定。さらに2017年1月7日には、さいたまスーパーアリーナで行われる、GReeeeNの10周年記念LIVE 「あっ、リーナ、ども。はじめまして。『クリビツテンギョウ!? ル〜デル〜デ♪』」に、グリーンボーイズがゲスト出演することも決まった。

 映画『キセキ‐あの日のソビト‐』は、2017年1月28日公開。