カンガルーにとって、トイレットペーパーはなかなか美味しいようだ。その味が癖になってしまったカンガルーが、度々公衆トイレで確認されている。オーストラリアのクイーンズランド・デイドリーム島にある公衆トイレを訪れていた人が、小型のカンガルーがトイレットペーパーを食べる様子を動画に収めた。海外メデイアUPIが報じている。

 撮影者は動画で「トイレットペーパー美味しい?良い紙だよね」と話す。カンガルーは最初、取り付けられたロールに手を添えることなく、直接口で引っ張り、モグモグしながらカメラを見つめている。撮影されても驚く様子もない。頭を動かし、数回ロールから紙を引いてさらにモグモグとした後、前足でサッとペーパーを切る様子も手馴れた様子。

 撮影者は動画の説明で「デイドリーム島のトイレを訪れて驚きました」とコメント。この動画に映るカンガルーは、以前にも同島のトイレでトイレットペーパーを食べているところを撮影されたカンガルーと同じ個体と思われる。