映画『バイオハザード』シリーズの最終作『バイオハザード:ザ・ファイナル』(12月23日より全国公開)のワールドプレミアが“バイオ生誕の地”である日本で12月13日開催。シリーズを通して主演を務めたミラ・ジョヴォヴィッチが、主人公“アリス”として最後の来日を果たすことも決定した。

 アクション超大作シリーズ第6弾にして、最終作『バイオハザード:ザ・ファイナル』。日本発の大人気ゲームから生まれ、ミラ演じる美しきヒロイン・アリスと、世界をアンデッド(=ゾンビ)化した元凶である宿敵アンブレラ社との戦いを描き、世界中で大ヒットを記録。2002年に初めてスクリーンに登場して以来、1作ごとにスケールとパワーを増し、世界を熱狂の渦に巻き込んできた。

 15年もの長きに渡りアリスを演じてきたミラはポール・W・Sアンダーソン監督との強力タッグと共に、常に前作を凌駕し続けるアクションで見るものを驚かせてきた。今では当たり前のようになった女性を主人公とするアクション作品の先駆者であるミラが“アリス”として最後の来日を果たす。

 また、過去『バイオハザード』シリーズの日本公開時プロモーション時には、5作品にて来日するなど、大の親日家としても知られるミラはこれが通算11回目の来日。さらにワールドプレミアには、本作でアリスとともにアンデッドと戦う女戦士コバルト役でハリウッドデビューを飾るローラの登壇も予定されている。

 映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』は、12月23日公開。