俳優の山田孝之が13日早朝、都内で開催された「PlayStationVR(以下、PSVR)」の発売記念イベントに出席し、同機でVR(仮想現実)対応の最新作をプレイ。同機をソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアの盛田厚取締役からプレゼントされると「チョー嬉しい」と喜んだ。

 山田は今回、PlayStationのアンバサダーとして同機をPR。「去年の東京ゲームショウで初めて体験したので“やっとか…!”という気持ち」と心境をコメントし、ゲームファンがPSVRを購入するために販売店舗前に並んでいることを聞き知ると「気持ちは分かります。僕も早くやりたいです」とソワソワ。「(ゲーム世界の)中に入れるところ。客観的にゲームしていたのが、プレイするというより、ゲームの中に入る感覚」と同機の楽しさを語った。

 そしてさっそくローンチタイトル『バットマン:アーカム VR』(10月13日発売)と『イーグルフライト』(11月9日発売オンライン配信専用)をプレイするも、途中で中断されると「もうちょっとやりたかった」としきりに残念そうな顔を見せていた。

 PSVRを誰と楽しみたいか問われると「とりあえず一人でやりたい。とことんやりたい」とゲーマー魂をたぎらせた一方、盛田氏から同機をプレゼントされると両腕で大事そうに抱えて「チョー嬉しい」とニヤニヤ。満面の笑みを浮かべて「帰ってすぐやります」と意気込んでいた。

 盛田氏はPSVRについて「家庭内の映像体験としてはテレビ登場以来のイノベーション。テレビの中に入って体験できる。ゲームをする人たちにとっては夢であった、ゲームの中に入ってプレイすることを実現する」と解説し、「どこにでも行ける、何にでもなれるどこでもドア、タイムマシン」と表現。VR技術に関しては「無限の可能性を持ったテクノロジー。大事に育てていきたい。これは我々の義務」と強い思いをにじませていた。

 山田がプレイした『バットマン:アーカム VR』は、バットマンの視界とシンクロし、PlayStation(R)Move モーションコントローラーで、その手を操作、トリガーで道具やガジェットを掴むことができる。『イーグルフライト』は、50年後のパリを舞台に、オオワシの視点で大空を飛ぶことができるフライトアトラクションゲーム。
 
 「PlayStationVR」は、13日より全国発売スタート。