菅野美穂主演の新ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』が14日より放送スタート。きらびやかなタワーマンションで起こる連続幼児失踪事件を描いた本作に、SNS上では「こわおもしろかった!!」「秋ドラマで一番おもしろい!めっちゃ続きが気になる」といった声とともに、初めて悪役に挑戦する松嶋菜々子に対して「松嶋菜々子ばり怖い」「監視カメラとか怖すぎる」といったコメントが多数寄せられた。

 平凡ながらも家族仲良く暮らしてきた主婦・高野亜紀(菅野)は、憧れのタワーマンションに家族で引っ越す。しかし、そこにはセレブ主婦たちのドロドロした女の世界が広がっていた。そんな中、通称「ハーメルン事件」と呼ばれる連続幼児失踪事件が世間を騒がせていた…。

 菅野演じるプライドや虚栄心にまみれたタワマン主婦たちに振り回されつつ、子どものために馴染もうと必死になる平凡な主婦と、夫は海外出張中で子どもはいなく、松嶋演じる自宅でフラワーアレンジメント教室を開く素性が見えない本物のセレブとの関係がどのように展開が注目される。

 初回放送後には、「来週も楽しみすぎる」「面白かった、久しぶりのサスペンスドラマ」「ドロドロ感がすごい。面白い!」とSNSにはハマる声が続出。特に、監視カメラでセレブ主婦たちを監視する松嶋の演技に、「美し怖過ぎてやばかった」「松嶋菜々子は、あれぐらい狂った役が似合う!」と絶賛の声が相次いでいる。

 また、子供たちが通う体操教室のコーチ役でEXILE・三代目 J Soul Brothersの岩田剛典も出演。菅野と幼なじみで、母親として奮闘する菅野を助けてくれる救世主ぷりに、「ほんと岩ちゃん最高すぎた。あんなコーチとか反則」「岩ちゃんかっこよすぎ」「岩田のキラースマイル、爽やかすぎ。やばい」「岩田くんサイコー。安定のかっこよさきた」と、胸キュンする声も多く上がっている。