俳優の染谷将太が、日中共同製作映画『空海−KU‐KAI−』で主演を務めることがわかった。本作は、構想5年、総製作費150億円という史上最大のプロジェクト。主演の染谷は「まるで激しい航海の後大唐で真相を探し求めたように自分も撮影に挑んでいます」と語っている。

 『空海−KU‐KAI−』は、『エヴェレスト 神々の山嶺』や『陰陽師』など、多数の著作が映像化されているベストセラー作家・夢枕獏の『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』を基に、中国・唐の時代に、日本から遣唐使としてやってきた若き僧侶・空海が、詩人・白楽天とともに首都・長安を揺るがす巨大な謎に迫る姿を描く歴史巨編。

 メガホンを取るのは、カンヌ国際映画祭のパルム・ドール、ゴールデングローブ賞の外国語映画賞ほか、数々の受賞歴があるチェン・カイコー。海外初挑戦を果たす染谷は、丸刈りの僧侶姿で若き日の空海を演じる。

 染谷は、撮影について「もちろん全編中国語のセリフであったり平たく言えば“大変”と言えることはありますが、不思議と空海を通して過ごしているとそれがとても解消されていく」と語っている。

 若き空海=沙門空海の相棒となる唐代の詩人・白楽天役には、中国で好感度俳優第1位に選ばれたホアン・シュアンが扮する。オール中国ロケで撮影される本作では、湖北省・襄陽市(じょうようし)に唐の都を完全再現し、今年の7月31日からクランクイン。東宝とKADOKAWAが初の共同配給を行い、2018年日本公開を予定している