TOKIO松岡昌宏が17日、都内で開催された連続ドラマ『家政夫のミタゾノ』の制作発表記者会見に出席。女装のダークヒーロー役に「自分が求めていた突拍子もないドラマ。常日頃言っていたので、心の中でガッツポーズした」と話し、充実した表情を見せた。

 本作は、松岡が男性家政婦の“家政夫”に扮し、人の家庭を壊して再生する“覗き見”ヒューマンドラマ。会見には松岡をはじめ、共演の清水富美加、柴本幸、堀田茜、平田敦子、余貴美子らが出席。

 松岡が扮するのは、 家事スキルと迷惑レベルが特A級の史上最“恐”の家政夫「ミタゾノ」。会見では開口一番、「やっと来た」とニンマリ。「自分が求めていた突拍子もないドラマ。常日頃言っていたので、心の中でガッツポーズした」と明かした。

 自身の女装に関しては「バラエティー番組の罰ゲームで女装することはあったけれども、本格的にメイクをして、ということはなかった。ビックリしたのは、鏡の中に自分の母親がいること。昔からいるスタッフにも『お母さんソックリだね』と言われた。“自分を産んだ親なんだな”と再認識した」と漏らした。

 続けて松岡は、「撮影の初日にいきなり胸をワシづかみにされた」と共演者たちからのセクハラを冗談交じりに訴え、ジャニーズ事務所内では「嵐がちょっと騒いでる。大野、相葉あたりが『(女装姿の)写真送ってくれ』と」とボヤく一幕も。

 ミタゾノとペアを組む家政婦・花田えみり役の清水は、松岡の女装姿について「目鼻立ちがハッキリされている。髪型だけを見ると女子人気No.1のエアリースタイル。このおキレイなお顔にエアリースタイルを重ねることで、とてもかわいらしく美しい」と絶賛し、「足がもの凄くおキレイ。私より足が細い」と嫉妬心がポロリ。会見中は「“松岡さん”の状態で見たのはまだ3回くらい」と話して松岡をマジマジと見つめていた。

 清水がさらに、松岡のスカートの中に蚊の入ったエピソードを話そうとすると、横にいた松岡が「僕はね、刺されてない。僕はフマキラーのCMやってるから絶対に刺されない」と主張して会場を沸かせた。

 連続ドラマ『家政夫のミタゾノ』は、テレビ朝日系列にて10月21日より毎週23時15分放送。