女優の長澤まさみが自身のインスタグラムを更新し、台湾のドラマ『ショコラ』で共演した巫建和(ウー・ジェンフー)とのツーショット写真を公開。「台灣の弟って感じ」と満面の笑みで紹介した。

 長澤は「台灣楽しかったです」「ショコラで一緒だった巫建和くん。台灣の弟って感じです」と巫を紹介。投稿された写真には、夜の台湾の街角で、巫と顔を寄せて笑顔を見せる長澤の姿が収められている。

 これを受けたファンからは、「ショコラ全部見ました! 中国語本当にお上手でした!」「台湾の弟さんとのツーショット、まさみちゃんのアネゴ感がカッコいい!!」「台湾に来ましたか?! 光栄です、また来てください〜〜〜」「まさみちゃんは中国語できますか! すごいですね」といった声が数多く寄せられた。

 ドラマ『ショコラ』は、長澤が中国語で挑んだ、初の海外ドラマ出演作。劇中では、刑務所帰りの極道チン・シーウー(ラン・ジェンロン)、自分の父親で極道の組長マイ・ソンチー(マー・ルーロン)と共に、ケーキ店で共同生活を送る少女・千恵を演じていた。