野村萬斎市川猿之助中井貴一佐々木蔵之介佐藤浩市という、狂言×歌舞伎×日本映画界のトップが競演する痛快エンターテインメント映画『花戦さ』の公開が2017年6月3日に決定、合わせて新たに4人のキャストが発表、総勢11名の主要登場人物のビジュアルが公開された。

のトップが競演する痛快エンターテインメント映画『花戦さ』の公開が2017年6月3日に決定し、あわせて新たに4人のキャストが発表、総勢11名の主要登場人物のビジュアルが公開された。

 本作は織田信長、豊臣秀吉といった戦国武将と関わりを持つ商人、茶人の千利休とも親交があった、池坊専好という実在した京都の花僧の物語。戦国時代、時の天下人である秀吉に専好が「命ある花の美しさ」で立ち向かっていく姿を痛快に描く。

 新たに追加されたキャストとして、NHKの連続テレビ小説『あさが来た』で両替屋加野屋の大番頭を演じ注目を集めた山内圭哉が専好の兄弟子・専伯(せんぱく)役を担当。同じく連続テレビ小説『ごちそうさん』の泉源太役や現在『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』にも出演中の和田正人が専好の弟弟子・専武(せんぶ)役、吉田栄作が秀吉を支える智将・石田三成役、竹下景子が専好の良き相談相手として頼りにする尼、浄椿尼(じょうちんに)役をそれぞれ務める。

 また、先述の5人に加え、森川葵、高橋克実を加えた発表済みの7人のキャストに加え、今回新たに発表された4人のキャストが劇中姿で勢揃いしたビジュアルでは、『花戦さ』というタイトルにふさわしく、中央に立つ野村が刀ではなく、勝負をかけた菖蒲の花を手に持っており、役者陣の表情とともに、洒落っ気に溢れたビジュアルとなっている。このビジュアルは、横幅約5.5m×高さ約2.4mの大パネルとなり、11月9日〜14日の間、京都高島屋にて開催される旧七夕会池坊全国華道展にて展示される予定だ。

 野村は「今回、豪華で個性豊かなキャストたちとお手合わせをする楽しさ・緊張感は一つの大きな醍醐味でした」と大きな手ごたえをもって撮影に取り組んだ様子を語りながら「奥行きのある、とにかく見所満載の映画になったと思います。どうぞご期待下さい。」と作品をアピールしている。