俳優の窪塚洋介が12日、日本外国特派員協会にて行われた映画『沈黙−サイレンス−』の記者会見に、浅野忠信イッセー尾形とともに登壇した。窪塚は多くの外国人記者を前に、本作で演じたキチジローの役柄にちなんで、第一声に「アイム ア 踏み絵 マスター」と自己紹介し笑いを誘い、「マーティン・スコセッシ監督の作品ということで世界で多くの人に観ていただけるチャンスがある。この映画が持つ力で、少しでも良い明日が来ることを心から願っています」と語りかけた。

 本作はスコセッシ監督が原作と出会ってから28年、読んだ瞬間に映画化を希望し、長年に渡り温め続けてきたというプロジェクト。17世紀江戸初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため日本にたどり着いた宣教師の目に映った想像を絶する日本を舞台に、人間にとって本当に大切なものとは何かを壮大な映像で描いた歴史大作。

 キャストは、主演のアンドリュー・ガーフィールドをはじめ、アダム・ドライバー、リーアム・ニーソン、日本からは窪塚、浅野、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮ら実力派が名を連ねる。

 本作についてはイッセー尾形「過酷な物語です。まるで万力でしめつけられ、人間が絞り出されるような…。それなのに観終わったあとに清らかなものが残ります」と話す。本作が「アカデミー賞有力候補」という声も挙がっていることについて浅野は「アカデミー賞に選ばれると思っています!もしこれで選ばれなかったら、神様が審査員に余計なことをしゃべってんじゃないかと思います」と自信満々に語った。

 またスコセッシ監督の魅力について問われると、イッセー尾形は「まず僕がどんな演技をするのか見てくれる。それに対して、『こうやりなさい』とか『今のはやめよう』という否定的な指摘はまずない。俳優というのはそういう場を与えられると、どんどん感性が研ぎ澄まされていく」と絶賛。

 窪塚も「王様みたい。いてくれるだけで演技がしやすくなる人。自分の姿が2倍にも3倍にも見える鏡のような存在。自分が大きく、素晴らしい役者になったような気持ちにさせてくれる監督です」と心酔している様子。

 そんな監督から「ニューヨークに来たら家においでよ」と声をかけてもらっていたそうだが、「この間NYに行った時にマネージャーにメールしたんですけどスルーされてしまいました」と苦笑いしていた。

 映画『沈黙−サイレンス−』は1月21日全国公開。