20世紀を象徴するフランスの国民的写真家ロベール・ドアノーの人生と創作のすべてに迫る、初のドキュメンタリー映画『パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー<永遠の3秒>』が、4月22日より公開されることが決定、合わせてビジュアルが解禁となった。

 生涯を通してパリの日常を捉えた数多くの写真を発表したロベール・ドアノー。1950年にアメリカの雑誌「LIFE」の依頼で撮影された「パリ市庁舎前のキス」は、1980年代にポスターとして発売され、世界中に広まった。今となっては、愛<アムール>の国・フランスの象徴といっても過言ではないこの写真が撮られた当時のパリでは、恋人たちが街中でキスすることなど珍しい時代だった。

 ドアノーの演出によって生まれたこの一枚が、誰もが憧れる恋人たちの都・パリのイメージを創り上げていった。生涯を通して、“パリの日常”をとらえた数々の名作をのこしたドアノー。街角に潜む“瞬間のドラマ”を職人技で釣り上げ、ときには演出によって“人生の真実”をより深く表現する、彼の独自の写真哲学による撮影現場はあまり知られてこなかった。

 本作は、撮影風景やインタビューなどの当時の貴重な資料映像や、親交のあった著名人による証言により、写真家ロベール・ドアノーの人生と創作のすべてに迫る、初のドキュメンタリー映画。今では世界でもっとも有名な写真のひとつとなった「パリ市庁舎前のキス」の知られざる撮影秘話も明かされる。

 さらに作品では、ピカソ、フランソワーズ・サガン、ロマン・ポランスキー、サビーヌ・アゼマ、イザベル・ユペールなど、ドアノーが撮った同時代を代表する著名人のポートフォリオ作品も楽しめる。

 監督は、ドアノーの孫娘であるクレモンティーヌ・ドルディル。家族だからこその視点で、優しさにあふれた祖父、撮影にこだわりぬく写真家の両面を描き出し、愛とユーモアに溢れたドアノーの写真家人生を浮き彫りにする。また劇中には女優のサビーヌ・アゼマ、脚本家・俳優のジャン・クロード・カリエール、小説家のダニエル・ペナック堀江敏幸らドアノーにゆかりの人々も登場する。