新ドラマ『カルテット』(TBS系列)の主題歌が決定した。椎名林檎の書き下ろしによる「おとなの掟」を歌うのは、松たか子満島ひかり高橋一生、松田龍平ら主要キャストによる番組限定ユニット「Doughnuts Hole」。さらに、ユニットによる撮り下ろし映像が本編のエンディングで流れる予定だ。

 ドラマ『カルテット』は、とある偶然の出会いからカルテットを組んだ音楽家の4人が、軽井沢の別荘を舞台にひと冬の共同生活を送ることになったいきさつと成り行きを描いたストーリー。主要キャストのほか、吉岡里帆、富澤たけし(サンドウィッチマン)、八木亜希子、もたいまさこらが出演。

 作品のテーマにちなみ制作された楽曲「おとなの掟」は、劇中で弦楽四重奏を奏でるのみならず、主要キャストらが、歌声でハーモニーを楽しませてくれる。

 楽曲を手掛けた椎名林檎は「キャストのみなさんが担当される弦楽器を猛特訓中と伺い、作曲時には4人分の弦楽パートを用意してしまいました。てっきりマジで弾いてくださるのかと早合点して」と思わぬエピソードを告白。「みなさん本当にかっこよく歌ってくださり幸せです。ドラマと共によろしければほんのりご賞味いただければ」とメッセージを伝えている。

 ドラマ『カルテット』はTBS系列にて、1月17日より毎週火曜22時よりスタート。初回放送は15分拡大。