ラグジュアリーホテルの
クラブラウンジがすごい!


「シェラトングランド・マカオホテル、コタイセントラル」のクラブラウンジ、アッパーエリア。
(C)Sheraton Grand Macao Hotel, Cotai Central

 21世紀に入って以降、豪華カジノIR(統合型リゾート)のオープンラッシュと、旧市街エリアの世界遺産への登録を受け、観光デスティネーションとしての注目度がうなぎのぼりのマカオ。面積約30平方キロ、人口約65万人という小さな街ですが、年間訪問外客数(インバウンド)は3000万人超にも達しています。

 アジア屈指の観光都市とあって、国際高級ブランドをはじめとする特色あるホテルも相次ぎ進出しており、選択肢が豊富になってきています。マカオで営業中のホテルは107軒あり、およそ3分の1にあたる32軒が5ツ星となっています。(2016年10月末時点)

「クラブアクセス」という言葉を耳にしたことがあるという方も多いかと思います。クラブフロア宿泊ゲストや、メンバーシップカードの上級会員、オプションでクラブアクセス権を購入したゲストだけが手に入れることができる権利で、専用クラブラウンジの利用など、特別なサービスを享受することができ、ワンランク上のホテルステイを楽しみたい旅慣れたエグゼクティブ層の間で人気を博しています。

 意外なことに、5ツ星ホテルがひしめくマカオでクラブラウンジを持つホテルは指折り数えるほどしかありません。今回、そのなかから、差額を考慮してでも利用価値があると感じる、マカオらしいゴージャスな施設やサービスを提供するクラブラウンジを持つホテルを厳選してご紹介したいと思います。

フードが大充実でコスパの良さが光る
「ザ・リッツ・カールトン マカオ」


マカオの旧市街地でもよく見かけるポルトガル伝統タイル、アズレージョをイメージした爽やかなブルーが美しいダイニングエリア。(C)Galaxy Macau

 コタイ地区の大型IR、「ギャラクシーマカオ」内に2015年5月にオープンした真新しいホテル。およそ250の客室はすべてスイート仕立てとなっています。クラブラウンジアクセス権が付与されるのは、プレミアクラブスイート、カールトンクラブスイート、2ベッドルームカールトンクラブスイートの計83室に宿泊するゲストのみで、アクセス権単体でのオプション販売はありません。そのため、どの時間帯でも空間に余裕があり、ゆったり過ごすことができます。

 24時間オープンというクラブラウンジは最上階の53階にあり、レセプションのある51階からクラブアクセスキーを持つゲスト専用エレベーターでアクセスします。大理石をふんだんに使った高級感漂うダイニングエリア、シックな雰囲気でゆったり寛げるソファが並ぶライブラリーエリア、ミーティングルームから成り、ダイナミックな眺望を楽しめる屋外のバルコニーも備えます。


ソファに座ってゆっくりアフタヌーンティを楽しむのも良い。(C)Galaxy Macau

 こちらの最大の特徴として挙げられるのが、フード&ドリンクの充実ぶり。朝食、スナック、アフタヌーンティ、オードブル、デザートと、プレゼンテーションが1日に5回も入れ替わります。いずれもハイクオリティでチョイス、ボリュームともに豊富。朝食をしっかりいただけるので、ランチはスナックで十分。また、オードブルと言っても、ディナーそのものです。3食プラスアルファが付くと考えれば、コストパフォーマンスの高さが光ります。

 なお、クラブアクセス権の付いた客室に宿泊する場合、チェックイン手続きはお部屋で可能。車両の手配状況によるとのことですが、市内各所までの片道リムジンサービスも利用できます。

The Ritz-Carlton, Macau
(ザ・リッツ・カールトン マカオ)

所在地 Galaxy Macau(TM), Estrada da Baía da Nossa Senhora da Esperança, s/n, Cotai
http://www.ritzcarlton.com/jp/hotels/china/macau
●日本でのお問い合わせ先:ザ・リッツ・カールトン 東京予約センター 0120-853-201
●クラブフロア宿泊料金:プレミアクラブ(クラブラウンジアクセス) 53,989円〜(税別)

フロア面積はマカオ最大級
「シェラトングランド・マカオホテル、
コタイセントラル」


104席あるというダイニングエリア。奥にはビュッフェテーブルが並ぶ。(C)Sheraton Grand Macao Hotel, Cotai Central

 2012年、コタイ地区の大型IR、サンズコタイセントラルのオープンと同時に開業したマカオ最大の客室数約4000室を誇るメガホテル。2016年1月、シェラトンホテル&リゾーツが展開するプレミアブランドに相当する「グランド」を冠した名称に変更となりました。しかしながら、コタイ地区の5ツ星ホテルの中では最もアフォーダブルな価格設定をキープしており、出張者はもちろん、レジャー目的のツーリストにも支持されています。

 ホテルはスカイタワー、アースタワーの2棟の高層タワーで構成され、クラブラウンジは2棟からアクセスでき、ボールルームや屋外スイミングプールといったファシリティが集まる4階フロアに位置しています。

 メガホテルとあって、クラブラウンジの面積は1368平米、座席数は221席(屋外のパティオエリア含む)という規模。マカオはもちろん、シェラトンホテル&リゾーツが世界で展開するホテルのなかでも最大とのこと。


左がレセプションカウンター、右がバーエリア。(C)Sheraton Grand Macao Hotel, Cotai Central

 ビュッフェ形式で無料の朝食を提供するダイニングエリアは、ラウンジというより、レストランクラスのホールそのもの。フードの種類も豊富で特に人気があり、これだけ広いラウンジでもいっぱいになってしまうそうです。また、午後5時30分から7時30分までがオードブルタイムとなり、バラエティ豊かな軽食が揃います。ラウンジのオープン時間は午前7時から午後11時までで、終日コーヒー、紅茶、ソフトドリンクが提供されます。

 クラブアクセス権が付与される客室タイプは、シェラトンクラブ、エグゼクティブスイート、エグゼクティブデラックススイート、アンバサダースイート、プレジデンシャルスイート、テラススイートの346室。その他の客室タイプに宿泊するゲストも、1泊1部屋あたり850パタカ(※)の追加チャージを支払うことで、アクセス権を購入することができます。

 クラブアクセス権を持つゲストはクラブラウンジでチェックイン手続きができるほか、ラウンジ併設のミーティングルームを最大2時間無料で利用することができます。

Sheraton Grand Macao Hotel, Cotai Central
(シェラトングランド・マカオホテル、コタイセントラル)

所在地 Sands Cotai Central, Estrada do Istmo, s/n, Cotai
http://www.starwoodhotels.com/sheraton/property/overview/index.html?propertyID=3120&language=ja_JP&localeCode=ja_JP
●日本でのお問い合わせ先:シェラトンホテル&リゾート 0120-00-3535
●クラブフロア宿泊料金:シェラトンクラブルーム 1,248香港ドル〜

オープンキッチンにスカイトップエリアも
「グランド ハイアット マカオ」


本格的なオープンキッチンを備えたダイニングエリア。(C)Grand Hyatt Macau

 2009年、コタイ地区の大型IR、「シティオブドリームズマカオ」内にオープン。グランドタワーとクラブタワーの2棟から成り、客室数はスイートを含む791。

 クラブラウンジアクセス権が付与されるのは、クラブデラックスカテゴリー以上の客室に宿泊するゲスト。このほか、1部屋(2名利用)1泊あたり1,099パタカ(※)の追加チャージを支払うことでアクセス権を購入することもできます。


ウッディーで落ち着いた雰囲気。(C)Grand Hyatt Macau

 クラブラウンジはグランドクラブタワー最上階にあたる37階にあり、フロア全体(1200平米)を使った広々とした贅沢な造りになっています。インテリアはウッディーで落ち着いた雰囲気。ダイニングエリアの中央がオープンキッチンとなっており、シェフが目の前で料理した出来立てのアジアン&インターナショナルメニューが朝食、アフタヌーンティ、イブニングカクテルの各時間帯に提供されます。床から天井までの大きな窓からパノラマビューを楽しめるのも魅力です。また、自然光が降り注ぐ屋外のスカイトップコーナーも用意されています。オープン時間は午前6時30分から午後11時まで。

 クラブアクセス権を保有するゲストは、クラブラウンジでチェックイン手続きができるほか、最大1時間までミーティングルームを利用することができます。

 なお、宿泊客以外でも、スカイトップコーナー及びクラブラウンジにあるミーティングルームをプライベートレストランとして貸し切り利用することが可能となっています。

Grand Hyatt Macau
(グランド ハイアット マカオ)

所在地 City of Dreams, Estrada do Istmo, Cotai
http://macau.grand.hyatt.com/ja/hotel/abridged/home.html
●日本でのお問い合わせ先:ハイアット グローバル コンタクト センター ジャパン 0800-222-0608
●クラブフロア宿泊料金:変動制のためウエブで確認を

 上記で紹介した以外にも、取材時点(2016年12月上旬)でマカオ半島の「ソフィテルマカオアットポンテ16」、いずれもコタイ地区の「JWマリオット・ホテル・マカオ」「ホテルオークラマカオ」にクラブラウンジがあります。

※表示の価格には5%のツーリズム税及び10%のサービス料が加算されます。

文=勝部悠人(マカオ新聞)