たくさんの化粧品、色々な美容法、そしてキレイになるための情報があふれています。
ですが、どんなにいい化粧品を使っても、素晴らしい美容法を試したとしても、肌の汚れが残っている状態では台なし!
美肌を目指す上で一番大切なのは、正しいクレンジング&洗顔を毎日して、肌の余分なものをなくすことです。

目には見えない肌の汚れ

00
私たちの肌は、朝晩問わず色々な外敵から影響を受けています。

朝起きて、メイクをすれば、そのメイクでさえ肌に無影響ではありません。外に出れば汗をかき、それに伴い油分も分泌されます。風が強い日であればホコリ、花粉なども肌に付着します。夜お風呂に入り、顔を洗ったとしても、落ちきれないメイクの汚れや、眠っている間の肌のターンオーバーによる古い角質など。

肌はあらゆる汚れに24時間さらされています。

正しいクレンジング

00
洗わない美容法なども一部では謳われていますが、肌は常に汚れやすい環境下にあるので、よっぽど肌が弱いというわけでなければきちんと朝晩洗顔はしましょう。

【朝の洗顔】
朝は、寝ている間の汗や皮脂をきちんと取り除くため、ぬるめのお湯でまずしっかり肌をぬらします。それから、洗顔料はよく泡立てます。手のひらを返してもポタポタ落ちてこない、少し固めの泡が理想的です。

ふっくら泡立てた泡で顔を包み込むようにふわふわ洗います。鼻まわりや、額など皮脂が多い部分は念入りになでるように指と腹でくるくると優しく洗顔しましょう。

すすぎもぬるめのお湯でしっかり行います。ぬるぬるが残ってしまっては台無しです。生え際、フェースラインなども忘れずにきちんと流します。

【夜の洗顔】
夜はメイク落としのステップが増えます。ダブル洗顔不要のアイテムもありますが、メイク落とし、洗顔としたほうがきちんと汚れが落とせます。

ポイントメイクは専用のアイテムを使い、先に落とします。その後肌全体をゆっくりマッサージするようにファンデーションを浮かせましょうす。ジェルタイプ、オイルタイプ、どのような形状のメイク落としでも、ゆっくり毛穴からファンデーションをかきだすように、指の腹を使いマッサージするようにします。

ふっくらの泡で洗顔を。
朝の洗顔と同じ要領で優しく洗いましょう。

美肌になるための基本

00
肌の汚れがある状態でお手入れをしても、いい成分は浸透しません。余分なものはきちんと取り除き、いいものを受け入れやすい肌状態をつくることが、美肌をつくる秘訣です。

自分のためのご褒美時間のつもりで、丁寧に行いましょう♪
 
ライター:mamiko
可愛いものとハッピーなものをこよなく愛しています。 アパレル販売、ヘアメイク、美容部員、エステティシャンを経て現在はフリーで活動中です。 キュンとするものだけを集めて暮らしています。
mamikoさんの記事一覧