なかなか使い切れずに、数年前の化粧品を使ってしまっているという方もいるのではないでしょうか。
実は、化粧品にも推奨されている試用期間があるのをご存知でしたか?

00

化粧品の使用期限はどこに書いてある?

賞味期限ならぬ、賞美期限。
食品には必ず賞味期限が記載されていますが、化粧品にはそのような期限は記載されていません。基本的に、化粧品は未開封であれば製造から約3年はもつように作られています。

そして、日本の薬事法では3年以上使用できるものであれば記載しなくてもよいことになっています。しかし、これは未開封であった場合の話です。1度開けてしまったらその化粧品はどのくらいの期間、使用することができるのか知っておきましょう♪

化粧品の賞美期限

化粧品は、開封することで空気中の菌や皮膚につけることで脂が付着します。一度開封すると半年以内で使用することが推奨されていますが、使用する部位によってはそれよりも早く使い切ったほうがよいものがあります。

アイライナーやアイシャドウ、マスカラは3ヶ月〜半年、チークやグロスは1年、口紅は2年で使い切るのが理想といわれています。ファンデーションやフェィスパウダーは1年〜2年、マニキュアは1年程度です。

夏に必須の日焼け止めは半年以内に使い切りましょう。夏の間に使いきれなかったものは、次の夏には持ちこなさい方が賢明です。

賞美期限が過ぎた化粧品を使い続けるとどうなるか

水分が多いものや、肌に直接触れるものは菌が繁殖しやすくなり、成分が変化することもあります。
そのような化粧品を使い続けた場合どうなるかというと、シミやくすみの原因になってしまうことも……。

キレイになるために化粧品を使うのに、まったくの逆効果になるのです。化粧品は、早く使い切る、または買い換えることが大切なんですね。

安全に使用するためには

早く使い切るのが賢明ですが、保管方法にも気をつけましょう。

・ふたを開けっぱなしにしていませんか?
・ふたをきちんと閉めずにゆるくなっていませんか?

ふたが開いたままになっていると、空気中のホコリや汚れが入り、そこから菌が繁殖することがあります。その化粧品を肌につけることで肌へのダメージが出るのです。

使用した後はティッシュで容器の口を拭くと良いです。温度や湿度が高いところで保管すると痛みが早くなったり成分に変化が起きることがあります。極端な場所での保管は避けるようにしましょう。

0a
キレイになるために使う化粧品ですが扱い方や使用期限を過ぎてしまうと、効果がなかったり、逆効果であったり、思っているものと違うことが起きてしまいます。


賞美期限を意識して正しいキレイを手に入れましょう♪
 
ライター:mamiko
可愛いものとハッピーなものをこよなく愛しています。 アパレル販売、ヘアメイク、美容部員、エステティシャンを経て現在はフリーで活動中です。 キュンとするものだけを集めて暮らしています。
mamikoさんの記事一覧