さらっと羽織れるブルゾンは、肌寒くなってきた今の時期にぴったりのアウターですよね♪ でもメンズライクなデザインで、「パンツスタイルに合わせるとボーイッシュすぎて、いまいちおしゃれに着こなせない」とお悩みの方も多いのでは?
そこでおすすめなのが、あえてスカートを合せる甘辛MIXコーディネート! ガーリーなフレアスカートや上品なワンピース、大人っぽいタイトスカートなど、意外と色々なタイプのスカートと相性抜群なんです!
今回は“秋アウターのブルゾンをスカートで甘辛MIXに仕上げた、お手本コーディネート”を、5つご紹介します。

ブラックとビッグシルエットでボーイライクに◎ スポーティな甘辛MIXスタイル♪

csrflvqtrvlvjc6hqjk8

ブラックのロゴTシャツに赤のフレアスカートを合せて、ブラックのブルゾンを羽織った、ボーイライクコーディネート。
ビッグサイズをざっくりと羽織ったブルゾンは、メッシュ素材がスポーティなデザイン。
インナーにもadidasのロゴTシャツを合わせて、とことんスポーティに仕上げているのが◎
ブラックで統一したトップスと、鮮やかな赤のフレアスカートのコントラストがとってもおしゃれ♪
足元はホワイトのスニーカーで軽やかに仕上げているのも◎
赤のスカートを1点投入してガーリーなアクセントを効かせた、甘辛MIXスタイルです。

ブラックブルゾンのコーデ一覧
プチプラのブラックブルゾン一覧

上品ワンピースのクールなアクセントに◎ きれいめコンサバスタイル♪

tzhdg5q5oqqailj7yvzp

ブラックの膝下丈ワンピースにカーキのブルゾンを羽織った、コンサバスタイル。
上品でシンプルなワンピーススタイルに、カーキのMA-1でクールなスパイスを効かせた、甘辛MIXコーディネート。
光沢のある素材でコンパクトなサイズ感のブルゾンをチョイスすれば、きれいめスタイルにも着まわせますよ。無造作に袖をまくって、“こなれ感”を演出しているのも◎
大人の女性らしさをアップさせるクラッチバッグも好バランス。
ヌーディーなパンプスで足長効果もアップ!
コンサバスタイルにクールなアクセントをプラスしておしゃれ度をアップさせた、お手本コーディネートです。

カーキブルゾンのコーデ一覧
プチプラのカーキブルゾン一覧

カーキ×カモフラ柄でミリタリーに◎ メンズライクなストリートMIXスタイル♪

yqwuuceti62mtcc7pjfz

ホワイトのロゴスウェットにカモフラ柄のタイトスカートを合せて、カーキのブルゾンを肩掛けにした、ミリタリースタイル。
メンズライクなカーキのMA-1は、カモフラ柄を合わせてとことんミリタリーにコーディネートしても◎ レディライクなタイトスカートを取り入れたり、明るいホワイトトーンを多めにしたりすることで、タウンユースな女性らしいコーディネートに仕上がりますよ。
スニーカーやキャップでストリートMIXしているのもとってもおしゃれ♪
ペーパー素材のクラッチバッグで個性的なアクセントもプラスした、上級コーディネートです。

MA-1のコーデ一覧
プチプラのMA-1一覧

ブルゾンで女性らしさを引き立てて◎ フェミニンカジュアルスタイル♪

iyka0wht7iqyrmjyxe4h

ブラックのTシャツにホワイトのマキシスカートを合せて、ブラックのブルゾンを肩掛けにした、フェミカジスタイル。
透け感がフェミニンなプリーツスカートコーデは、ブルゾンをあえて肩掛けにして“抜け感”を演出するのが好バランス◎ クールなブルゾンを女性らしく着こなせますよ。
レザーのブーツサンダルやスクエア型のアクセサリーで、ほどよくエッジを効かせているのも◎
秋本番には、アニマル柄やファー素材のバッグを合わせて季節感をさらに盛り上げるのもおすすめ。
モノトーンコーデを優しいフェミニンスタイルに仕上げる着こなし術は、ぜひ参考にしたいです。

ブラックブルゾンのコーデ一覧
プチプラのブラックブルゾン一覧

ブラックのアクセントでモードに味つけ◎ 大人カジュアルなモノトーンスタイル♪

mvt9t1wr84cv8dpkloqx

ホワイトのセットアップ風ワンピースにブラックのブルゾンを羽織った、大人カジュアルスタイル。
女性らしいミモレ丈のスカートスタイルを引きしめるブラックのブルゾンが、コーディネートのアクセントになっていますね。トップス部分と丈感を合わせるとすっきりとした印象になって◎
ブルゾンとリンクするブラックのスニーカーをチョイスしてカジュアルダウンすれば、“こなれ感”もアップ!
きれいめな印象の上質なハンドバッグを合わせて、大人っぽさをプラス◎
モノトーンで洗練されたモードスタイルに格上げした、ぜひマネしたくなるコーディネートです。

ブルゾンのコーデ一覧
プチプラのブルゾン一覧

ライター:AKINA
服飾大学でファッションの基礎と表現方法について学ぶ。
卒業後、アパレルメーカーでデナイナー職に就き、ボトムスとデニム製品を中心に企画デザイン。モデルコラボ商品なども担当する。
現在は子育てに奮闘中。

AKINAの記事一覧はこちら