美肌の状態でいられると自分に自信を持って過ごせますが、トラブル肌になると途端に逆転。見た目の問題が一番ですが、「こんな肌にしたのは自分自身が原因だ……」という恥ずかしさも。

トラブル肌には様々な種類があります。ニキビ、吹き出物、シミ、そばかす、日焼け、しわ、くま、たるみ、むくみ、かさつきなど。
美肌のため、自分に自信を持つためにも、日々のお手入れできちんとケアをしていきましょう♪

00 

トラブル肌になる原因

トラブル肌には、様々な原因があります。
栄養不足、偏食、暴飲暴食、睡眠不足、不規則な生活など、体の内部からの原因。
そして、紫外線を浴びたり、メイク・化粧品の成分、汚れを落としきれてないクレンジングや洗顔、冷房や暖房による乾燥など、環境からくるものなど、体の外部から原因があります。

根本的な原因に心当たりがあれば、それを改善するだけでもお肌のためになります。「ハッ」としたことがあれば、改めてみてくださいね。

トラブル肌のためのスキンケア

トラブル肌には色々な種類がありますが、どのようなトラブル症状であっても、食生活・生活習慣の改善と、スキンケアのお手入れで、いつか元のキレイな肌に戻れます。

スキンケアは、「とにかくたっぷりと保湿する」が鍵です。人間の肌は、傷んでも元に戻ろうとする治癒力が備わっています。肌は、肌そのものが生まれ変わるターンオーバーにより、修復されます。その周期は、14日間が正常と言われていますが、加齢や肌のトラブルにより、それよりも長くなってしまいます。ターンオーバーを正常に近づけるためには、たっぷり保湿をしてお肌への水分補給を欠かさず行うことが大切です。

ターンオーバーの周期が正しくなると、お肌そのものがキレイになっていくのはもちろんですが肌荒れしにくい健康な肌にもなります。毎日のお手入れ・保湿はかなり重要なのです!

プチプラの化粧水や乳液でも良いので、ケチらず、たっぷりと保湿をしましょう。

トラブル肌の予防法

トラブル肌にならないためには、規則正しい生活習慣・食生活、スキンケアでたっぷりとうるおう保湿を行うことがが重要です。

それに加えてどんな日であっても、クレンジング・洗顔は怠らず、睡眠を十分に取ることも大切です。

クレンジングや洗顔をパパッと雑に済ませてしまうと、肌に汚れが付いたままでスキンケアを行うことになってしまいます。そのままの状態では、せっかくのスキンケアの成分が肌に入らなくなり、毛穴に詰まって黒ずみなどの原因にもなります。

お肌は、眠っている間に肌を修復させようとする神経が動くので、しっかりと睡眠を取ってトラブル肌を引き起こさないように予防すると良いでしょう♪ 22時〜夜中の2時の間に眠るとお肌に最も良いと言われています。遅くとも23時、24時には眠りにつくのが理想的です。


他人からキレイだと言われる人は、どんな人であっても必ず努力をしています。
ちょっとの心がけでお肌は劇的に変わるので、美肌を意識する生活をはじめてみてくださいね♪


ライター:mamiko
可愛いものとハッピーなものをこよなく愛しています。 アパレル販売、ヘアメイク、美容部員、エステティシャンを経て現在はフリーで活動中です。 キュンとするものだけを集めて暮らしています。
mamikoさんの記事一覧