「トライバル」とは、英語で「民族的な」という意味。昨年からトライバルファッションが流行し、今年もまだまだその流れは健在です。

今なら冬の主役アイテム、コートやガウンといった「アウター」にトライバルな雰囲気を持たせて着るのがカッコイイ! #CBKのファッショニスタも続々と取り入れている、大注目のアイテムなんです♡

印象的な柄も“ポイント使い”なら取り入れやすい

独特の“土っぽさ”が魅力のトライバルファッションですが、「取り入れるのが難しい柄」と考える方もいるでしょう。そんな場合は、スナップのように柄が“ポイント使い”されたタイプのアウターを選ぶと◎。インパクトはあるものの落ち着いた印象で着られるので、手持ちのシンプル服とも相性良く着こなせます。
きれいめに仕上がる「ネイビー×ホワイト」の色合わせも、ビギナーさんに嬉しいポイント♡

ネイティブ柄とデニムの相性はバツグン!

ネイティブな柄ものアウターとデニムの組み合わせは鉄板。コーディネートがこなれた印象に仕上がります。女っぷりを上げるヒールパンプスや、大人の品格漂うレザーバッグなど、クールな小物で全体を引き締めて。カジュアルになりすぎない着こなしで、トレンド感を演出しましょう。

ダークトーンでまとめれば、洗練された大人の印象に

「コーディネートがごちゃごちゃしそう…」と心配なら、全体をダークトーンでまとめるのも一つのテクニックです。

高級感のあるジャガード柄のコートを主役に、落ち着いた色味のニットとフレアデニムでシックなコーディネートに。メタルピンクのパンプスやファーバッグをアクセントに加えれば、より洗練された印象に仕上がります。

ミルクティー配色で、柔らかな雰囲気が魅力のコーデに

ベージュ〜ホワイトのグラデを楽しむ「ミルクティー配色」なら、エッジの効いたトライバルコーデもまろやかに。オルテガ柄のニットコートは、優しい雰囲気で着られるベージュ主体の色遣いが◎。ホワイトスキニーのコンサバ感を軽減して、今年らしく見せてくれます。

ニット帽もベージュでまとめれば、柔らかな魅力あふれるナチュラル系トライバルコーデの完成です。