女優の酒井法子(45)が22日、都内で、デビュー30周年記念コンサートを行った。単独コンサートは16年ぶりで、2009年の事件後は初めて。ファン1200人で埋まった客席に向かって、「マンモスうれピー!!」とハイテンションに“のりピー語”をさく裂させ、代表曲「碧いうさぎ」など30曲を熱唱した。

 膝上20センチのミニスカートという現役さながらのファッションで登場すると、1987年2月5日発売のデビュー曲「男のコになりたい」をまずは披露。「緊張します。16年ぶりですよ。今日はお祭り。皆さん、踊らされちゃってください。よろピクピク〜!!」と客席をあおって大歓声を浴びた。

 覚せい剤取締法違反で有罪判決を受け、12年11月に芸能活動を再開後、初となる単独ライブ。ファンの前で事件に直接的に触れることはなかったが、「皆さんが酒井をステージに帰してあげようと思ってくれて、こういう日を迎えることができました。遅くなったけど…言おうかな。ただいま!!幸せ者だなぁ」と感情をたかぶらせた。

 3パターンの衣装では、ピンクのロングドレスや、ヘソ出しTシャツで、往年のアイドルオーラを振りまいていた。