女優の酒井法子(45)が22日、都内で、デビュー30周年記念コンサートを行った。単独コンサートは16年ぶりで、2009年の事件後は初めて。ファン1200人で埋まった客席に向かって、「マンモスうれピー!!」とハイテンションに“のりピー語”をさく裂させ、代表曲「碧いうさぎ」など30曲を熱唱した。

 中国人気の高さを示すように、中国にネット中継され、100万人が視聴したという。一方で、覚せい剤取締法違反で有罪判決を受け、12年11月に芸能活動を再開後も、日本では芸能ニュースとして取り上げられる以外、民放キー局に出演できておらず、いまだ影響は残る。

 この日は膝上20センチのミニスカートや、ヘソ出しTシャツなど、現役さながらのファッションで登場。「緊張します。16年ぶりですよ。今日はお祭り。皆さん、踊らされちゃってください。よろピクピク〜!!」と客席をあおって大歓声を浴びた。