「G線上のアリア」などで知られる18世紀ドイツの音楽家ヨハン・セバスティアン・バッハの子孫でお笑いコンビ「タイムボム」のニックが23日、カンテレの「快傑 えみちゃんねる」に出演し、小島よしおの元マネジャーと結婚していることを明かした。業界で評判の美人だという。

 ニックは上智大学留学時にアナウンス学校で知り合った友達と漫才コンビを結成。ボケ担当という。「ママも名字がバッハでドイツ人。正直、僕はまったくバッハに興味ないしクラシカルな音楽も聴いたことないです」と流ちょうな日本語でまくしたてた。

 MCの上沼恵美子はお金持ちかどうかをストレートに質問。ニックは「金持ちです」とあっさり認め、「ママもパパも医者。パパはスポーツのリハビリをやって。おじいさんがアメリカで4、50年前に保険会社をつくって年収25億円あった。会社はもうないけど、資産はあります」とピースサインを作った。

 自身の収入について、「芸人ではまだ稼げない。毎月ママから70万円の仕送りがあります。アメリカにビルがあって家賃収入がある」とお気楽ぶりを訴えた。結婚について聞かれると「してますよ。小島よしおさんの元マネジャーと。外人の優しさだしたらすぐつきあえたんです」と、ここでも放言が目立った。

 共演したダイアモンド・ユカイは「小島よしおのマネジャーって美人でみんなが狙ってた。テレビにも『美人過ぎるマネジャー』って出てて。いい女なんです。それをバッハが持って行った」と話した。