歌手でDJとしても活躍する鈴木亜美(34)が12日午後8時15分に、都内の病院で第1子となる男児を出産した。所属事務所が鈴木のファンクラブ公式サイトで13日、発表。公式ブログでも「これ以上にない幸せな気持ちになりました」と報告した。体重3228グラムで母子共に健康だという。

 亜美は13日午後、「出産しました」と題してブログを更新。「昨日、1月12日に3228gの元気な男の子を無事出産致しました!母子共に健康です。」と出産を報告。「小さな小さな身体から、少しフライング気味に一生懸命泣いて産まれてきてくれたベビくんを見た時には涙が溢れ、これ以上にない幸せな気持ちになりました。抱きしめると落ち着いて寝ているベビくんを、これから守り、大切に大切に逞しく育てていきます!」と母となった喜びを伝えた。

 また「応援して下さった方々には、心から感謝しています、本当にありがとうございます!あみママ頑張ります」とつづった。

 鈴木はデビュー記念日だった昨年7月1日、7歳年下の会社員と結婚。同時に妊娠3カ月を発表していた。所属事務所によると出産予定日は1月14日だったが、12日に陣痛が始まっていた。