元プロボクサーという異色の経歴を持つ演歌歌手・山崎ていじ(59)が13日、都内で、新曲「男のひとり言」(18日発売)のPRを行った。

 今年還暦を迎える山崎は赤いちゃんちゃんこがわりの真っ赤なスーツ姿で登場。「ていじ還暦!年末はていじ感激」を合言葉に紅白出場という大目標を掲げ、ファイティングポーズを披露した。「やはり歌手なら、誰でも目指すものですから」と気合十分。さらに「『男のひとり言』でいろいろな賞にノミネートされたいですね」と“年末の顔”となることを誓った。

 7月8日に60歳の誕生日を迎えるが「イメージはいつまでも青年です。いつまでも歌って夢を与えられる存在でありたい」と老け込む様子はない。「親を見ていたときは還暦というとおじいさんというイメージでしたが、今の60、70の人は本当に元気です」と力説していた。

 年齢に合わせて、新曲では全国60カ所のキャンペーンに訪れる予定。「キャンペーンで行ったことのない、沖縄に行ってみたいですね」と精力的だった。