俳優・及川光博(47)と、元SMAPの木村拓哉(44)が、13日放送のTBS系「ぴったんこカン・カンSP」(午後7・56)に出演。及川が子供時代は家にメイドさんが3人いるセレブ家庭で育ったことを明かした。

 番組のロケ先で、安住紳一郎アナが「メイドさんが3人いらしゃった」と振ると、及川は「昔、昔、バブルがはじける前にね。僕3人兄弟で、子供1人に(メイドが)1人担当」と告白。傍らで木村も「うそ!?すげえ」と驚いた。

 及川によると、父親はPTA会長を長くやっていたそうで「その息子(自分)は生徒会長とかやってて、朝礼台にPTA会長があがった後に、息子があがるっていう」と子供時代を述懐。自身の父親について「キザで、昭和のスターに憧れていたみたいで、サングラスかけて朝礼台にあがっていくんですよ」と明かした。

 及川が父親をまねて、「ただいまご紹介にあずかりました及川です」と言いながら、颯爽とサングラスを取るまねをすると、木村が「(及川も)まんまじゃん。超DNA」とウケていた。