女優の綾瀬はるか(31)が14日、都内で行われた主演映画「本能寺ホテル」の公開初日舞台あいさつに登場し、「人生で一番かゆかった」経験を告白した。

 撮影は昨年、真夏の京都で行われた。屋外でのロケで綾瀬は猛烈に虫に刺されたという。「あぶ、ぶよ、あぶ、ぶよ。一瞬で脚が8カ所くらいボコボコになりました。かゆくてかゆくて眠れませんでしたね」と明かした。

 しかも、他の共演者はほとんど刺されず、なぜか綾瀬だけに攻撃が集中したという。共演の堤真一(52)は「綾瀬さんだけでしたね。刺されてボリボリかいてたんで『跡が残るよ』って言ったら、がまんしてましたけど」と当時の様子を振り返った。

 綾瀬は「すっごいかゆかった。人生で一番かゆかったです」と苦しかった思いを語った。スキンケア化粧品のイメージキャラクターを務める美肌の持ち主でもあるが、「寝てる間にかいてたみたいで…」と堤の“予言”通り、脚に跡が残っていたことを告白。「ようやく跡が消えてきました」となんとか美肌が復活していることを明かした。

 映画は「本能寺の変」直前の戦国時代にタイムスリップした女性・倉本繭子(綾瀬)と織田信長(堤真一)の交流を描いている。綾瀬は「繭子みたいに一歩を踏み出そうという気持ちになれる映画になってます。新年早々にピッタリ」とアピールした。