日本野球機構(NPB)は23日、7月に開催された「マツダオールスターゲーム2016」でのチャリティーオークションの結果を発表した。合計の寄付金額は1785万4140円となり、東日本大震災や熊本地震の被災地へ送られる。

 同チャリティーでは出場監督、コーチ、選手ら計68人が着用した直筆サイン入りユニホームが出品された。ユニホームの落札最高額は広島・新井貴浩内野手で290万1000円となり、過去最高額での落札となった。

 また、熊本県のPRキャラクター「くまモン」とコラボした数量限定ピンバッジの販売で集まった寄付金額159万7320円も、熊本地震の被災地へと寄付される。