「大相撲秋場所・13日目」(23日、両国国技館)

 奇手居反りで知られる東十両1枚目の宇良が里山に引っ掛けで敗れ、9敗目となった。自分の手つき不十分のため2度目の立ち合いで立ち、お互いに頭をつけてしばらく様子を見た後、機を見て前に出たが、土俵際で里山に引っかけを決められた。

 「土俵際は負けましたね。それははっきり分かりました。きれいに決まってしまいました」と業師の大先輩に完敗を認めた。