「日本ハム−楽天」(23日、札幌ドーム)

 優勝マジックを6としている日本ハムが4点ビハインドの七回、1点を返した。2死走者なしからレアードが三塁線を破る二塁打で出塁。続く7番の陽岱鋼が三遊間を破る適時打を放ち、レアードが一気に生還し、3点差とした。

 六回までは楽天の先発、釜田にわずか2安打に抑え込まれ、スコアボードに0を並べたが、七回からマウンドに上がった福山からまずは1点をもぎ取った。

 首位・日本ハムは敗れてもマジックは消えず、2位のソフトバンクが勝てば6のまま、負ければ5となる。