JRAは13日、昨年12月29日の東京大賞典を制したアポロケンタッキー(牡5歳、栗東・山内研二厩舎)から、規制薬物である消炎鎮痛剤「デキサメタゾン」が検出されたとの報告を競走馬理化学研究所から受け、第1回裁定委員会を開催した。使用目的等は現在調査中。今後は山内研二調教師に弁明の機会を与え、23日以降に開催予定の第2回裁定委員会後に処分等を発表する。

 規制薬物は競馬法で定められた禁止薬物と違い、競走能力への影響はないとされ、事後失格の対象にはならない。投与による痛み軽減が事故につながる可能性があるため、使用が規制されている薬物を指す。

 同馬はデキサメタゾンの影響がないと認定されればレースへの出走が可能となる。