開設67周年記念「金亀杯争覇戦・G3」が19日から22日まで、愛媛県の松山競輪場で開催される。このPRで、松山市競輪事務所の岡本泰所長ら関係者が13日、大阪市のデイリースポーツを訪れた。

 S級S班が村上義弘、浅井康太、武田豊樹、岩津裕介、中川誠一郎の5人も参戦する豪華版。渡部哲男、浜田浩司ら地元勢も、原田研太朗や太田竜馬といった好目標がいるだけに、際どい勝負に持ち込めそうだ。

 「1月は記念が続きますが、すばらしいメンバーをあっせんしてもらえました。売り上げ目標は60億円」と岡本所長。21日はプリキュアショー、22日は仮面ライダーエグゼイドショーとスギちゃんのお笑いライブなど、家族で楽しめるイベントがめじろ押しだ。

 「正岡子規、夏目漱石の生誕150年記念で松山は盛り上がっています。競輪場もインターチェンジの開通で車でのアクセスが便利になりました」と松山マドンナ大使の橋田一葉さん。観光ついでに足を運んでみてはどうでしょうか。