「大相撲初場所・6日目」(13日、両国国技館)

 日馬富士が玉鷲を下して4勝2敗とした。

 土俵際でもつれ、前方宙返りのような形で落下しながら寄り切るアクロバティックな勝利。

 右肘などに故障を抱え、前日の取組では右太もも裏も痛めて満身創痍(そうい)の状態だが、「土俵に上がった以上、言い訳をするのはおかしい。命をかけて一生懸命取るだけ」と横綱の自覚を示した。