「大相撲初場所・6日目」(13日、両国国技館)

 カド番の琴奨菊が好調の御嶽海に寄り切られ、2勝4敗となった。立ち合いで顔を張るも、両差しを許して土俵を割った。

 「自分が考えていた流れより、相手の決め方の方が強かった」と認める完敗。

 苦しい星勘定に、「しっかり自分を立て直して、一ついい相撲を取れば違ってくると思う。それまで我慢ですかね」と、自分に言い聞かせるように話した。