「大相撲初場所・7日目」(14日、両国国技館)

 かど番の大関琴奨菊が小結高安に敗れ5敗目を喫した。

 立ち合い、攻め込もうという意図は見えたが、足がまったく前に出ていかず、高安のはたきを残せずバッタリと土俵に落ちた。

 今場所は前に出ながらも土俵際の逆転技に屈したり、あっけなく敗れたりするシーンが多い。初優勝を果たした昨年初場所から1年。苦しい土俵が続いている。