「大相撲初場所・7日目」(14日、両国国技館)

 横綱白鵬が横綱として歴代最多となる819回出場を果たした。関脇玉鷲を突き落としで下し、記録達成に花を添えた。

 突っ込んでくる玉鷲に対して右を差せなかった白鵬は、相手と突き合いに。右からの突き落としで大きく前のめりになった玉鷲の足が土俵外に出てしまい、あっけない決着になった。

 前日6日目、隠岐の海を退けた相撲で、818回出場で北の湖と1位で並んでいた。