【中山9R・マルヨバクシン】先週の芝レースを除外されて初ダートのここへ。狙っていた鞍でないことは明白だろう。芝での全4勝のうち3勝が小倉。ベストは平たんコースで、ここはバッサリ消すのが正解だ。

 【中山10R・ウキヨノカゼ】前走は直線で先頭に立ちながらも、最後は脚が鈍って4着。久々の分もあるだろうが、やはり本質的にマイルは長いのかもしれない。ベストは6F戦。この距離での信頼度はやや落ちる。

 【中山11R・イブキ】新潟2歳Sのメンバーは、その後の成績がいまひとつ。V時計も平凡だっただけに、レベルが低かった恐れもある。3着とはいえ、過大評価は危険だ。久々の割引も考慮すれば強くは推せない。