8月のロンドン世界選手権に出場する男女マラソン代表が20日、都内に集合し、本番に向けたミーティングを行った。今回の世界選手権を最後に日本代表争いからの撤退を表明している川内優輝(30)=埼玉県庁=は「ロンドンで日本代表としてのすべてを燃え尽くすつもりです」と、並々ならぬ覚悟を示した。

 川内が代表引退を決意しているのは、今後19年ドーハ世界選手権、20年東京五輪と、苦手としている30度を越える猛暑が予想されるコンディションであることが一因。日本陸連の瀬古利彦長距離・マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(60)は「暑いのが苦手と思いすぎている。苦手の神様が寄ってきちゃうよ」と話し、「東京五輪までやってほしいけどな」とポツリ。会見場からの帰り際に川内に声を掛けた。

 瀬古リーダー「川内、暑いのが苦手とか言ってちゃ駄目だよ!」

 川内「ロンドンの暑さなら大丈夫です!」

 瀬古リーダー「ロンドンじゃない。東京だよ、東京」

 と、東京五輪挑戦を要請したが

 川内「誰もが東京を目指しているわけじゃない。ロンドンがすべてなんです!」と、身ぶり手ぶりを交えて力説。その言葉の圧に、瀬古リーダーはたじたじとなり、最後は「すいません。勉強になりました」と、頭を下げていた。