「ウエスタンリーグ、広島−阪神」(21日、マツダスタジアム)

 若鯉打線が集中打を見せた。初回、桑原、庄司の連打でチャンスメーク。1死後、バティスタが左翼フェンスに直撃する先制適時打を放った。

 さらに2死から美間、岩本が連続二塁打。阪神の先発・横山の立ち上がりを捉え一挙4点を奪った。広島の先発マウンドには野村が立っている。