阪神・福原忍投手(39)が23日、西宮市内のホテルで会見を開き、今季限りでの引退を発表した。タテジマ一筋18年間の現役生活に別れを告げる決断を下した右腕。背番号28のユニホーム姿で臨んだ会見では時折、涙で声を詰まらせながら心境を語った。会見での一問一答は次の通り。

 −タイガース一筋の18年間を振り返って。

 「いろいろケガをしましたし、苦しい時期もあったんですけど、新人で入ってきた時に使っていただいた野村監督に感謝していますし、本当に苦しい時期に支えてくれたチームメートにも感謝しています。こういう記者会見をさしていただき、球団にも感謝しています。皆に支えられた野球人生だったと思います」

 −数々の監督の下でプレーして、何か心に残っている言葉は。

 「入団した当初に野村監督から『ピッチャーの原点を一生懸命、練習しなさい』ということを今でも心に残っていますし、今でもずっと練習しています」

 −18年間で一番よかった思い出は。

 「2回リーグ優勝という経験をさしていただいて、すごいよかったです」

 −先発から中継ぎ、セットアッパーとしても活躍。最年長で最優秀中継ぎのタイトルも獲得した。

 「自分でも本当にタイトルを取れると思っていなかったですし、本当に皆の支えがあって取れたタイトルだと思います」

 −やり残したことは。

 「2回リーグ優勝を経験させていただいたんですけど、日本一になれなかったこと。それがあります」

 −日本一は後輩に託すことになるが、若い後輩たちへメッセージは。

 「ぜひ日本一になってほしいですし、そのためにしっかり練習をして、強いタイガースをつくってほしいと思います」