普段の買い物と同じく、「いいものを安く買う」ことが株式投資でも重要だ。いい会社を見つけたら、株価が今割安かどうかをチェック。割安なら買い時だ!

現在発売中の雑誌『めちゃくちゃ売れてる雑誌ザイが作った 今年こそお金持ち入門』では、「永久保存版 ゼロから始める株入門」を掲載! 今回はそのなかから、ちょっと高度だけど株初心者も覚えておきたい、株が割安かどうかを知る指標「PER(ピーイーアール)」(株価収益率)を紹介します!

<<【株入門・第4回】「株主優待」で得する方法 【株入門・第6回】株価チャートの見方>>

株が「割安」か「割高」かは、
PER(ピーイーアール)で考える

 ここで、少し高度だけど、とても大切な指標である「PER(ピーイーアール)」(株価収益率)について解説しよう。会社の利益と比べて、今の株価が割安かどうかを見る指標で、投資家なら誰もが気にしている、大変重要なものだ。

 まず、【株入門・第2回】「儲かる株の探し方」で少しだけ紹介した「EPS(イーピーエス)」から。

 EPSとは、「1株当たり純利益」で、会社の最終利益である純利益を、発行済み株式数で割ったもの。

 たとえば、純利益が1000万円、発行済み株式数が10万株の場合、EPSは、1000万円÷10万株=100円となる。この会社の利益は1株当たりだと100円、ということだ。

 さて、この会社の株価が現在、2000円だとする。EPSが100円だから、その20倍の値段がついている、というわけだ。この「20倍」がすなわちPERで、PERとは、「今の株価がEPSの何倍なのか」(株価収益率)を示したものなのだ(EPS×PER=株価)。

PERが高いと割高、PERが低いと割安

 株をEPSの20倍の値段で買うのと、EPSの10倍の値段で買うのとを比べると、10倍の値段で買えた方がおトク(割安)だろう。つまり、PERは数値が高いと今の株価は割高、低いと今の株価は割安というのが基本の見方。

 日本の上場企業の場合、PERはだいたい15倍程度が平均とされているので、一般には、PER15倍を基準に、それよりも高ければ割高、低ければ割安と判断されることが多い。

 PERは証券会社の銘柄ページなどに掲載されている。

 業績がよく、将来性もありそうな銘柄を見つけたら、PERもチェックしよう。有望な株のPERが10倍など低めだったら、買いチャンスかもしれない。割安に買って、株価が上昇した(=PERが高くなった)ところで売れば、利益を得られるだろう。

【※関連記事はこちら!】
PERもPBRも割安な「好業績株」を発掘できる5つのスクリーニング条件をプロが伝授! 上昇相場でまだまだ上値が追える出遅れ銘柄を狙え

 【株入門・第2回】「儲かる株の探し方」で解説した英国風パブの「ハブ(銘柄コード3030)」のPERは、2008年当時は7倍程度だった。PERは低く、割安だったと言える。当時はリーマンショックなどの金融危機の影響で、投資家たちの心理状態が冷え込んでいたこともあった。

 しかし、その後の「ハブ」は、業績の拡大とともに投資家にも人気が出て、2015年にはPERは18倍と、やや高い水準にまで上昇。株価は約9倍になった。

 もし、2008年のPERがまだ低かったころに買って、2015年のPERが高くなってから売れば、大きな利益を得られたわけだ。

PERが低くても、買ってはいけないこともある

 PERについて、知っておいてほしいこと、気をつけてほしいことがいくつかある。

 まず、PERの計算に使うEPSは、予想EPSだということ。予想EPSとは、企業などが発表する予想の数字のことだ。株式投資では将来性を重視するので、計算に使う数字も、すでに終わった期の確定数字ではなく、これからの予想数字を使うのだ。

 次に、PERが低ければ何でもいい、というわけではないことも重要だ。PERが低くても、業績が悪化していく見込みなら割安とはいえない。PERが低いから買ったのに、さらに低くなってしまっては儲けのチャンスはないからだ。

 逆に、PERが高いからといって、買ってはいけないとも一概にはいえない。今後の業績の大きな伸びが期待できるなら、PERが少しくらい高い状態で買っても、さらに高くなる可能性があるからだ。利益が今後、何倍にもなっていく見込みがあるなら、PERが20倍や30倍でも割安といえることもある。

 とはいえ、PERが100倍など極端に高い場合は手を出さないこと。今の株価がEPSの100倍にもなっているということは、つまり、100年分の利益を織り込んでいるということ。ちょっとしたバブルと言えるだろう。

 そこで、PERだけを判断材料にせず、業績や将来性、次回紹介する株価チャートの形なども併せて検討するといい。

 基本的には、将来性が高いのにPERが15倍やそれより低い水準に放置されているなら、それは割安といえると覚えておこう。

<PER の使い方まとめ>

【キホン!(1)】PERは低いと割安、高いと割高

【キホン!(2)】PER15倍が一つの基準になる

【キホン!(3)】PERの計算には予想EPSを使う

【しかし!】PERが低くても将来性のない会社は割安ではない

【しかし!】PERが高くても将来性のある会社は割安かもしれない

【でも!】PER100倍など極端に高い場合は手を出さない

【結論!】PERだけでなく、業績や将来性、チャートと併せて判断しょう

【※関連記事はこちら!】
今すぐ株を買いたい人必見!たった1日で口座開設できるネット証券はここだ!
2017年に大化けが期待できる好業績な20銘柄を公開

<<【株入門・第4回】「株主優待」で得する方法 【株入門・第6回】「チャート」の見方>>

 現在発売中の『めちゃくちゃ売れてる雑誌ザイが作った 今年こそお金持ち入門』では、「永久保存版 ゼロから始める株入門」を8つのステップで紹介している。『めちゃくちゃ売れてる雑誌ザイが作った 今年こそお金持ち入門』を参考に、これから成長するの見極め方や投資のはじめ方を学んで、2017年こそ株式投資をはじめてみよう!

 さらに『めちゃくちゃ売れてる雑誌ザイが作った 今年こそお金持ち入門』は、「あっという間に得するふるさと納税」、「一生お金に困らない人生設計」、「これから家は買うべき? 借りるべき?」「10分でわかるFX入門」など、お金にまつわる様々な記事を掲載している。

めちゃくちゃ売れてる雑誌ザイが作った 今年こそお金持ち入門』は全国の書店やアマゾン楽天ブックスなどのネット書店でも送料無料で好評発売中。

 なお、もっと株式投資を本格的に勉強したい株初心者には、書籍『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版』(ダイヤモンド・ザイ編 1600円+税 ダイヤモンド社)がおすすめ! 全国の書店やアマゾン楽天ブックスなどのネット書店でも送料無料で好評発売中。

 お問い合わせは、「ザイ別冊担当(ダイヤモンド社書籍編集局第1編集部)」まで。

【目次】ゼロから始める株入門
【第1回】「株式投資」って何ですか?
【第2回】「儲かる株」の探し方
【第3回】「儲かる株」を見極める方法
【第4回】「株主優待」と「配当」の基本ルール
【第5回】割安かを知る指標「PER」をサクッと学ぶ
【第6回】「チャート」の見方
【第7回】「証券会社」の選び方&「口座開設」のしかた
【第8回】損を小さくする「株の買い方」「株の売り方」