今まで成婚には至らなかった事例を挙げてきたが、逆になかなか成婚に結びつかないが本当はオススメの男女をご紹介しよう。

 ズバリ、理系だ。

 うちの結婚相談所にやってくる理系の男性は、とにかく女性が苦手。目の前に女性がいるだけでドキドキしてしまい、うつむいて、顔を見て話すこともできないほど。

 デートも慎重である。ある理系男子が、7回目のデート(結婚相談所で出会う男女のデートであればかなり回数が多いほうである)の時点で、「次はいつ会えますか?」と相手の女性に聞いたところ、「スケジュールを家で確認してからお返事しますね」とのお返事が。

 普通は「じゃあ待っていますね」と返すところだが、その理系男子はその場で突っ伏して震え始めたという。

「即答しなかった」イコール「振られた」と思ったからだ。ピュアなのはよいが、大の男が震えていることには、女性もさすがに恐怖心を抱いたことだろう。

 そんな彼らだが、IQも高く年収もよい人がごろごろいるため、まさに狙い目といっていい。

キャバ嬢に落とされる
つくばの高学歴理系男子

 デパートの販売員の女性が、どうしても頭の良い人と結婚したいということで見つけたのが大学院卒、年収1000万円のゲームデザイナーの男性。彼女は高卒なので、なかなか院卒の男性には相手にしてもらえなかったらしいのだが、二人を結んだのが「ゲーム」だった。