2000年より隔月で、下着についてのアンケート調査をホームページで行っている、トリンプ・インターナショナル・ジャパンの2014年度の調査結果が発表された。女性のブラジャーサイズの変遷や、都道府県別下着事情や、勝負下着の所有率などユニークな調査もあり、女性だけでなく男性にも?興味深い結果となっている。

◆ブラジャーのカップサイズ、ついにFカップがAカップを上回る

 現在のブラジャーのカップサイズ別売上では、CカップとDカップがトップ。C、Dカップが全体の半数を占めている。

 1980年から2014年までのブラジャーのカップサイズ別売上の推移を表したのがこちらのグラフ。1980年はAカップが半数を占めていたが1992年にはBカップがAカップを上回り、A・Bカップを見ると、2000年の45.6%に対し、2014年は25.8%とほぼ半減。2008年以降はCカップが継続的にトップを占めるようになった。

 さらに2014年にはFカップが6.0%とAカップの5.3%を上回る結果となり、30余年の間に女性のカップサイズが大きくなっていることがわかった。

 バストが大きくなる傾向が続いているが、大きくても悩みがあるのも事実。「バストが大きくて困ったこと」の質問には、肩がこる、太って見える、運動するときに揺れてしまって恥ずかしいといった身体的な悩みが多く、服のサイズが合わない、着たい服が胸のせいで似合わないといった着こなしに苦労する点も多く挙がっている。

 何色のブラジャーを持っているかについては、ピンクが35.9%と1位。下着は黒しか使わない私には、ピンク好きが多いことに驚いた。また、アウターに響きにくいベージュは、持っていると便利だが、50歳以上では47.8%の人がベージュを使っているという結果に。年代が上がるとベージュが増えてくるのはなぜだろう?

 女性が好む色と、男性が女性に着けて欲しいと思う色は異なる、という話はよく聞くが、男性諸氏にとってこの結果はどう見るだろうか。

◆自分の体型を把握している人は意外と少ない?

「自分のスリーサイズを把握しているか」については、「きちんと知っている」「たぶん知っている」を合わせて51.9%がスリーサイズを知っていた。しかし半数については、自分のサイズを把握していないという結果に。低い年代ほど自分のサイズを知らない傾向がある。逆に体型が変化してくる30〜40代はサイズにも敏感になっているということか。

 体型で気になる部分は、やはりお腹が7割と圧倒的。本当にお腹の脂肪はやっかいなのだ。自分の体型に変化があったと答えた人は約9割にも上り、何歳から感じたかの質問では、30代前半が27.3%、20代後半が24.9%と20代後半から30代前半にかけて体型変化を感じる人が多かった。

 どのような変化があったかに対する回答を見ると、身につまされる思いが…。1位が「お腹まわりにぜい肉がついた」、2位「ヒップの位置が下がった」。3位「バストの位置が下がった」、4位「肌の張り、弾力がなくなった」、5位「二の腕にぜい肉がついた」。ぜい肉は付くし、重力に逆らえずヒップもバストも下がってくる・・・。現実は厳しい。

 ユニークなのは勝負下着の所有率。勝負下着とは一般的に、ここ一番!というときに身につける下着で、男性にアピールするようなセクシーでファッション度の高い下着を指す。勝負下着の全年代で所有率は35.7%。勝負の機会の多いと思われる25〜34歳では4割以上が所有している。35歳以上になると、7割が勝負下着を持っていないという結果になり、やはり年代が上がると勝負からは遠ざかっていくようだ・・・。

◆都道府県別で見る下着事情とは

 トリンプでは都道府県別の下着事情についても調査している。A〜Hカップの各サイズの上位県のデータは以下の通り。

 面白いのはAカップと、Gカップの1位が茨城県ということ。同県ではどちらかのタイプに分かれることが多いということか?そして長崎県はCカップで2位、Fカップで1位。バストの大きな女性が多い県ともいえるかもしれない。

 年間の下着購入に使う費用のデータでは、1位が宮城県、2位がバストの大きい女性が多いと思われる長崎県、3位が神奈川県という結果に。上位県は下着選びにこだわりを持っている女性が多いのかもしれない。

 好きな下着の色では、「ピンク」を好む人が多いのは京都府、三重県、熊本県、沖縄県、「黒」は福岡県、鹿児島県、沖縄県、「ベージュ」は大分県、秋田県、兵庫県に。また、勝負下着についても都道府県別の傾向が見えてきた。勝負下着所有率が一番多い県は宮城県。宮城県は下着の購入額が一番多い県でもあり、下着にこだわりのある女性が多い傾向があるといえよう。2位以下は徳島県、熊本県、鹿児島県、沖縄県となった。

文/阿部 純子