■連載/パソコン&スマホ「サポートスタッフだけが知っている“プロのテクニック”」

1979年9月28日に日本電気(現在のNEC)が、パソコンブームの火付け役となったPC-8000シリーズの最初の機種『PC-8001』を発売しました。このことを記念して、9月28日は「パソコンの日」と制定されているって知ってましたか?

37年の時を経て、パソコンは今や現代人にとって、切っても切り離せない存在へとなりました。

申し遅れました、日本PCサービスの大竹です。弊社では、パソコントラブルに見舞われたお客様の元にすぐ駆けつける「ドクター・ホームネット」を運営しています。パソコンの寿命を左右するのは、日頃のちょっとした使い方の差です。これからもパソコンを長く愛して欲しい思いを込めて、今回は「パソコンを長持ちさせるコツ」を紹介します。

■HDDの寿命の目安はズバリ「通電時間」

パソコンの寿命は、車と考え方がよく似ています。車であれば、これまで走ってきた「走行距離」を買い換え時の目安とする人は少なくないでしょう。パソコンの場合は、「HDDの通電時間」が目安となります。

製品によって誤差はありますが、これまで当社が診てきた中では、通電時間が8千時間を超えると、故障が発生しやすくなる傾向にあります。

つまり!パソコンを長持ちさせるためには「通電時間を減らす」ことが重要なんです。使わない時は、電源を切るようにしましょう。

とはいえ、あまり細かく電源のオンオフを繰り返すのも、HDDや電源ユニットへ負荷がかかります。そこで、例えば「2時間以上使わない時は電源を落とす」といった自分ルールを決めると良いでしょう。

ついつい電源を切るのを忘れてしまうという人は、電源オプションの「省エネ設定」を活用してください。10分以上HDDが駆動しない場合は、自動スリープにするといった設定を行えば、忘れがちなアナタでも安心です。

■HDDの通電時間を調べられる便利ソフト

「通電時間が寿命の目安」とはいっても、パソコンには標準で「通電時間」を表示する機能がありません。

そこで、オススメしたいのがフリーソフトの「CrystalDiskInfo」です。


「CrystalDiskInfo」の画面

実は、HDDの内部には、これまでの通電時間や、電源を何回入れたかなどの情報が細かく記録されています。「CrystalDiskInfo」はその情報を読み込むため、後からインストールしても、これまでの通電時間を調べることができるのです。


HDDの健康状態も診断してくれる

そろそろ寿命が近づいてきたかな?という時は、いざという時に備えて、早目に大切なデータをバックアップしましょう。

【関連記事】

文/大竹 諭
日本PCサービスが運営する「ドクター・ホームネット」東京立川店勤務。パソコンを長持ちさせることはもちろん、 デジタル機器でお困りの際には、こちらへお気軽にご連絡ください→0120-611049