日本勢の大活躍で大いに盛り上がったリオデジャネイロオリンピック(リオ五輪)。アスリートの中には、ここぞ!という時や勝負事を控えた時に、ゲン担ぎをする人が多くいる。ゲン担ぎはアスリートに限らず一般の人たちにも身近なものだが、ゲン担ぎと言っても色々な方法がある。その中でも、勝負事の前にお酒で気合を入れるという人も多くのではないだろうか。

革新的な製法により“ありのままの”ワインの風味や香りが楽しめるノンアルコールワインを輸入販売している湘南貿易は、「験担ぎ(げんかつぎ)として勝負事の前に飲みたいお酒」に関するアンケートを実施。調査の結果、「日本酒」(45%)がダントツに多く、次いで「ビール」(21%)「スパークリングワイン」(5%)「カクテル」(5%)という結果になった。

■験担ぎ(げんかつぎ)として勝負事の前に飲みたいお酒とは?

「験担ぎ(げんかつぎ)として勝負事の前に飲みたいお酒は?」と聞いたところ、次のような結果になった。

■やっぱり日本人には日本酒が人気!

アンケートの結果、日本酒がダントツに多く、次いでビールやシャンパンという結果になった。自由回答では次のような声が聞かれた。

・やっぱり日本酒ですね。御神酒と呼ばれるお酒なので、体を清めて勝負に挑むという気分で日本酒を飲みたいと思います(40代/男性)
・日本酒です。やはり日本人だし、お神酒ということばもありますし(40代/女性)
・やはり日本酒ではありませんか?船の進水式に使ったり、やくざ映画で喧嘩の前に刀にかけているのを見ているからですかね(60代/男性)
・ビール。ビールの爽快感が気持ちをしゃきっとさせてくれるので勝負事の前には豪快にビールです(30代/女性/専業主婦)
・ビールでいい。普段通り冷静に事を運ぶ事が重要なのであまり変化をつけたくないから(30代/男性/自営業[個人事業主])
・世代的にシャンパン、ドンペリニヨンの白を何本か常時ストックしてある。お祝いにはロゼ(40代/男性/公務員)

ダントツで支持を集めた日本酒だが、やはり日本人にとっては日本酒でゲン担ぎをするという人が多くいるようである。お神酒という言葉からもわかるが、神道の世界でも良く日本酒は使用されていて、勝負事の神頼みという点で考えるとこの回答は当然なのかもしれない。また、ビールに関しては普段と変わらないお酒を飲むということであろう。ゲン担ぎというと何か特別なことをするということだけではなく、普段と変わらないいつも通りの過ごし方をするというのも、ゲン担ぎの一つといえる。また、ゴクゴク飲める炭酸の刺激が勢い付けてくれるということもありそうだ。シャンパンに関しては、お祝いごとなどの明るいイメージがあるので良いイメージを持って臨めそうということもあるのかもしれない。

■歴史的にもイメージ的にも日本酒が断然

日本人はゲン担ぎが大好きな民族だがが、お酒を絡めたゲン担ぎをする場合には日本酒を飲むというケースがほとんどのようである。やはり、日本人にとって日本酒というのは馴染みが深いもの。お神酒など節目に日本酒が登場する場面も多くあり、長い歴史の中でイメージとともに刷り込まれていると推察できる。もちろん、その他のお酒でゲン担ぎをするという人もいる。いずれにしても、お酒でゲンを担ぐというのは日本のみならず世界的に行なわれている。絶対に負けられない勝負の前に、あなたの好きなお酒でゲン担ぎをしてみてはいかがだろうか。

【調査概要】
調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2016年7月12日〜7月24日
調査方法:インターネット調査
有効回答数:100サンプル

文/編集部