ええーっ! と世界中が驚いたブラピとアンジーの離婚ニュース。今月15日から別居状態だったという二人ですが、ついに20日、アンジーが離婚申し立てを行いました。

その理由は、「大麻やアルコールの常用で怒りを抑えられない」ブラピに、父親として問題を感じたから……とのこと。これまでにも、ブラピの浮気などの理由で何度も離婚危機が報じられてきた二人ですが、今回まさかのガチ離婚。

先月23日の結婚2周年記念日には、「これまでで一番幸せです」と、オシドリ夫婦(?)な公式コメント出してたのに、このフェイント攻撃はなんなんでしょうか。おまけに、アンジー側は、「配偶者扶養手当も慰謝料もいらない」「6人の子どもの単独親権が欲しい」という逆ギレ気味の要求で、さっさと離婚したい気持ち満々。一体全体ブランジェリーナに何があったんでしょうか? 

そんな世紀の離婚騒動の最中に公開されるのが、『Mr. & Mrs. スミス』以来、10年ぶりのアンジー&ブラピ夫婦共演作『白い帽子の女』。いやあ、皮肉なもんです。しかも、結婚の危機を迎えた夫(ブラピ)と妻(アンジー)が、南仏のリゾート地で関係を見つめ直すというストーリー。現実の二人と重ねるなってのが無理ってもんでしょう。

作家である夫は毎日朝から酒浸り、妻は精神を病んでおり、薬が手放せない状態。厚化粧の妻はニコリともしないし、ヒゲ面で頭ボサボサの夫は常に二日酔い……。そんな冷え切った中年夫婦の様子を見ると、ああ、結婚生活末期のブランジェリーナってこんな感じかい……とゲスの勘繰りをしてしまうわけですよ。心も体も夫に許さない妻(アンジー)が、ついにブチキレた夫(ブラピ)の手によって、バスルームで××されるところとか、リアルに二人の夫婦生活を覗き見ているようで申し訳なくなります。すいません、ホント。

そんな『白い帽子の女』の監督・脚本・製作はアンジー自身。クレジット名は、アンジェリーナ・ジョリー・ピットですから、名実ともに「ブラピ妻」としての記念的な作品なわけです。しかも撮影されたのは、二人の新婚旅行の真っ最中(!)。それがこんな結果に終わっちゃうんだから、残念と言うかなんと言うか。

共演作『Mr. & Mrs. スミス』で出会って結婚し、10年後の夫婦共演作『白い帽子の女』を最後に別れることとなったブラピとアンジー。二人の夫婦生活を見届ける意味でも必見の作品です。

文=ガンガーラ田津美/Avanti Press