『君の名は。』が大変なことになっています。8月26日の劇場公開以来、配給会社の予想すらはるかに超える快進撃を続け、4週間で興行収入は100億円を突破。この数字がどのくらいすごいかというと、日本映画史上、興収100億円を突破した作品は10本もないのです!(ちなみに昨年は邦画も洋画も1本もなし) この映画がここまで多くの観客をひきつける理由を私なりに考えてみました。そしてひらめいた答えは……ズバリ、パンケーキでしょう!(『ちびまる子ちゃん』の丸尾君ふうに)

『君の名は。』大ヒットの理由はズバリ、パンケーキでしょう!

なーんて、それはウソ。都会に住む高校生・瀧と、山奥の田舎町に住む三葉(みつは)の心と体が入れ替わってしまうところから始まるこの映画は、等身大ティーンエイジャーのラブコメかと思いきや、とんでもないスケールの展開を見せる壮大な物語。もう一度始めから見直したくなる緻密なストーリーと、リアルな画のあまりの情報量の多さに、リピーターが続出するのも納得です。パンケーキは、瀧と入れ替わった三葉が、同級生たちと行くカフェで見つけて大興奮するメニューとして登場します。なんせ三葉の住む田舎町で「カフェ」といえば自販機前のベンチ。憧れだった都会のおしゃれなカフェで「どうせ夢だし」(三葉は入れ替わりを夢だと思っている)と奮発して、自分の町なら「1カ月は暮らせる」(おこづかいの)値段のパンケーキを注文します。

このパンケーキがまた、おしゃれにフルーツをトッピング、サイドにはアイスクリームまで添えられている見目麗しい豪華版。狂喜した三葉が思わず携帯で写真を撮りまくるのもうなずけます。よし、今回はこの「写真に撮りたくなるようなカフェ風パンケーキ」に挑戦いたします!

日本では数年前に大変なパンケーキ・ブームがわき起こり、その熱はいまだ冷めない模様です。billsやエッグスンシングス、レインボーパンケーキ、サラベス、カフェ・カイラといった人気店では、入店までに1〜2時間待つことも。わたくしは「みんな、そんなに並んでまでパンケーキが食べたいの?」とちょっと不思議に思っておりましたが。だって、パンケーキって、アメリカのコーヒーショップなんかで朝食として普通に食べられているものじゃないの?

まあ確かに、幼い頃『ちびくろさんぼ』の絵本に出てくるトラのバターで作ったホットケーキには激しく憧れたので、心が躍る感じはわからなくもありません。ちなみにパンケーキは世界中にさまざまな種類が無数に存在しており、日本で言う甘めのホットケーキもその中の1種。お好み焼きもパンケーキとして数えられるんだそうです。

みんな大好きパンケーキ! 『パルプ・フィクション』
『レインマン』『アイ・アム・サム』でも登場

欧米のお店で出てくるパンケーキは、ケーキ自体はそんなに甘くなく、シロップで甘さをプラスするものが多いようです。スイーツというより食事として食べられることも多く、3段重ねの上にバターとシロップたっぷり、さらにベーコンやソーセージ、卵料理などが添えられていたりします。うーん、数字を知るのも恐ろしい高カロリー。『パルプ・フィクション』で、殺し屋ヴィンセント(ジョン・トラヴォルタ)が一仕事終えたあとにコーヒーショップで食べているパンケーキも、まさにそんな感じのベーコン添えでした。

『レインマン』に登場する自閉症のレイモンド(ダスティン・ホフマン)は、「火曜日はパンケーキの日だ」「メイプルシロップはパンケーキより前にテーブルになきゃいけない」「爪楊枝がないとパンケーキが食べられない」(なぜか切り分けたパンケーキを爪楊枝で刺して食べるのが好き)など、並々ならぬこだわりを見せます。

『アイ・アム・サム』では、7歳の知能しか持たない中年男サム(ショーン・ペン)が、娘のルーシー(ダコタ・ファニング)と一緒に入ったレストランで「フレンチ・パンケーキ、サイドにフルーツを添えて」と注文するのですが、「うちでは普通のパンケーキしかできません」と言われ、「そんなのはいらない。アイホップ(全米チェーンのパンケーキ・レストラン)みたいなフルーツを添えたフレンチ・パンケーキが欲しいんだ!」と騒ぎ出して娘を困らせます。みなさん、パンケーキには強いこだわりがあるようで……。

『君の名は。』のふわふわパンケーキを作ってみます!

さて、パンケーキには特にこだわりのないわたくしですが、せっかくなら流行りのふわふわパンケーキを作ってみたい。参考にしたのは、パンケーキ・ブームの火付け役とも言われるシドニー発のレストラン、billsのリコッタパンケーキ。「世界一の朝食を出す男」の異名を取るこちらのオーナーシェフ、ビル・グレンジャーさんのレシピはあちこちで紹介されているので、これをもとに作ります。

まず、卵を割って卵黄と卵白に分けます。ボウルに卵黄と牛乳、リコッタチーズを入れ、優しく混ぜます。リコッタチーズはチーズを作る時に出るホエー(乳清)をさらに煮詰めて作る、脂肪分が少なくほんのり乳糖の甘味のあるイタリア生まれのフレッシュチーズ。手に入らなければカッテージチーズで代用も可です。チーズはあまり混ぜ過ぎず、生地のなかにつぶつぶが残るくらい。ここにふるった薄力粉、ベーキングパウダー、塩ひとつまみを入れてさらに混ぜます。

別のボウルに卵白を入れ、泡立て器で泡立てます。メレンゲってやつですね。ボウルや泡立て器に水分や油分が残っていると泡立たなくなるので、よーく洗って乾かしてから。レシピにはツノが立つくらいの固さまでと書いてありますが、これが結構重労働です。泡立て器で必死にかき混ぜること数分、ようやくクリーム状になった頃、棚に電動のハンドミキサーが秘蔵されていたことが判明しました。しかし今さら替えるのも悔しいので、引き続き手動で頑張ります。ゼイゼイ。翌日(または翌々日)の筋肉痛と引き換えに手に入れたメレンゲを、リコッタチーズと小麦粉のボウルに2回に分けて入れ、泡をつぶさないようにさっくり均等に混ぜ合わせます。これで生地はできあがり。

普通のパンケーキと比べて小麦粉の量がえらく少ないです。でも苦労したメレンゲのおかげで生地からしてふわふわ。なんだかすでに美味しそう。早速焼いてみます。フライパン(テフロンだとくっつきにくい)に薄くサラダオイル(バターでも)をひき、生地を、普通のパンケーキなら「流し入れ」ますが、この場合は「おたまですくって落とす」感じでしょうか。火は中弱火、生地が厚いので途中ふたをします。片面を2、3分焼いて、ふちのあたりが固まってきたかな?と思ったらひっくり返します。普通のパンケーキなら空中に放り投げるとか、少々乱暴に扱っても大丈夫ですが、このふわふわちゃんはデリケート。崩れないようにそっと優しく返します。おおー。きれいな黄金色に焼けています。

これを3枚焼いてお皿に盛りつけます。ここからはbillsから離れて『君の名は。』のカフェ風に。パンケーキの上にバターをのせ、パイナップルとマンゴー、ブルーベリー、ラズベリーをトッピング。粉砂糖をさらさらとふりかけ、サイドにはピスタチオを散らしたバニラアイスクリーム。最後にメイプルシロップをかければ、三葉が激写したパンケーキの完成です!

わあ。これは見た目からしてゴージャス。三葉でなくても気分がアガります。「1カ月暮らせる」値段なのも仕方ない。食べてみると……おおー、ふわっふわ。もう一度言いたくなっちゃう。ふわっふわ。リコッタチーズがあんなに入っているのにまったく重くない。口の中で溶けてしまう感じです。なるほど。パンケーキ屋さんに何時間も並ぶ乙女たちの気持ちがちょっとだけわかったような気がしました。

こちらは『パルプ・フィクション』のコーヒーショップ風パンケーキ

ついでに、『パルプ・フィクション』でトラヴォルタが食べていたような「コーヒーショップのパンケーキ」も作ってみました。使用したのは、今人気だという「九州パンケーキ」のパンケーキミックス。小麦粉だけでなく米粉など7種類の穀物が入っているので、典型的なアメリカのパンケーキとは違いますが……美味しそうだったんだもん。こちらはすでにベーキングパウダーなどはミックスされていて、卵と牛乳を混ぜて焼くだけ。簡単。便利。筋肉痛とは無縁です。

映画と同じく3枚焼いて、カリカリに焼いたベーコンを添えました。てっぺんにバター、メイプルシロップどっちゃり。カロリーは怖いけど、パンケーキの甘さに、ベーコンの塩気がちょうどいいアクセントになっていいかも。九州パンケーキは、ふわっとしつつ、もっちりとして、粉の味がしっかりする、ちょっと高級な感じです。普段、家で食べるならお手軽に美味しくできるこちらでしょうか。でもたまには、手間暇かけてふわっふわのパンケーキを焼いてフルーツやアイスクリームをトッピングしてみると、ステキなカフェにお出かけした気分になること間違いなしです。

◆材料◆
《リコッタチーズのパンケーキ》
【生地】卵 2個、牛乳 100cc、リコッタチーズ 150g、小麦粉 65g、ベーキングパウダー 小さじ1/2、塩 ひとつまみ
【トッピング】バター、パイナップル、マンゴー、ブルーベリー、ラズベリー、アイスクリーム、ピスタチオ、粉砂糖、メイプルシロップ
《九州パンケーキ》
【生地】九州パンケーキミックス、卵、牛乳
【トッピング】バター、メイプルシロップ、ベーコン
《映画っぽい雰囲気を盛り上げる小道具》 高校の制服、写真を撮る携帯電話、おしゃれなカフェ

文=金田裕美子/Avanti Press