部長の意図を部下に伝える。部下の動向を部長にわかってもらう。どちらも「課長」の重要な役割だ。課長たちの「全身アンテナ」ぶりは涙ぐましい。

 近畿大学の広報課長、加藤公代さん(46)の机は、上司である広報部長の目の前。多忙な部長が珍しく席にいるときは、加藤さんにとって貴重なコミュニケーションの時間だ。

 直接部長と話すわけではない。来客や電話、周囲の人との立ち話など、上司の会話に耳をそばだてるのだ。するとだいたいわかってくる、と加藤さんは言う。

「ああ、次はこういう案件をやるんだな」

 必要と思われる資料を準備したり、スケジュールの心積もりをしたり。それだけで、仕事のスピード感が増す。

●キーワードは「早め」

 部長のオフィシャルなスケジュールは学内システムで見ることができるので、もちろんバッチリ把握している。空き時間を見計らって、部長決裁が必要な案件や相談ごとをまとめて持っていくためだ。

「部員の中には、仕事に集中しているとまわりの声や音が聞こえないという人もいますが、私はなるべく部長のやっていることは意識して聞いておき、スケジュールも把握しておこう、と指導しています」

 写真の撮り方やプレスリリースの文言など、部長がこだわるポイント、逆にこだわらないポイントを把握して、部下と共有するのも加藤さんの仕事だ。

「部長の意図や仕事のやり方を理解して、それをうまく部下に伝えることも、自分の役割の一つです」

 うまいタイミングを捉えて、上司への報告や情報共有をためらわない、ということは、今回登場する課長たちが総じて大切にしていたことだ。三井不動産の小川将さん(47)は、

「上司に対する報告は早めを心掛けています。タイミングは、『目があったとき』です」

 と語る。

 広島県庁の大内貞夫さん(54)は、悪い情報ほど早く報告することにしている。

「観光PRの仕事は予定通りにいかないことばかり。本をつくるときに表紙に予定していた人にキャンセルされたり、天候のせいで撮影が飛んだり。初動を誤らないよう、早めに上司との共有を心掛けます」

 当たり前のようだが、いざとなるとなかなかできない。徹底できるかどうかが、中間管理職たる課長の「成否」を分ける。

●全体像の共有が重要

 Sansanシニアマネジャーの芳賀諭史さん(37)のモットーは、ドラッカーから学んだ「上司を不意打ちにあわせてはいけない」。大内さん同様、悪い知らせは特に早めに、兆候が見えた時点で上司に伝えるようにしている。

「一度耳に入れておくと、トラブルに発展して本格的に相談するタイミングのときに、対応がとりやすくなるからです」

 ドラッカーは、「喜ばしい不意打ち」も避けるべきだと語っているという。

「自分がマネジャーになって痛感したのですが、部下の話を聞いているだけだと、全体の状況が見えにくく、本当にその案件がうまくいっているのかどうか、常に不安です」

 だから、いいニュースでも悪いニュースでも細かく報告して、全体像を上司と共有できるようにすることが大切なのだ、と話す。「報告・連絡・相談」、いわゆる報連相の大切さは、部下に対しても常に強調している。(編集部・福井洋平、高橋有紀、竹下郁子)

※AERA 2016年10月10日号