現代は情報過多の時代だ。日々舞い込む大量の情報の中から、何を拾い、何を切り捨てるのか。それ次第で、仕事の成果が変わってくる。

 現場の最前線にいる課長にとって、顧客の声をなるべく早くキャッチして業務の改善につなげることは日々の課題だ。そこで武器になるのが「エゴサーチ」。自社名やサービス名を検索して、どう評価されているのかを探る。

 近畿大学広報課長の加藤公代さん(46)のエゴサーチ・ツールは、ツイッターやフェイスブックの書き込みをチェックできるヤフーのアプリ「リアルタイム検索」。大学名を入れて検索すれば、大学の評判がわかるのはもちろん、大学に通う学生のつぶやきも拾うことができる。「窓口の対応が遅い」といったつぶやきがあれば、それに素早く対応する。

●情報の温度感も共有

 USJでホラーのイベントやアトラクションを担当する津野庄一郎さん(46)のエゴサーチも、おもにツイッターを利用する。自分のショーのタイトルで検索して感想をチェック。「面白かった」「最高だった」という書き込みは話半分にしておいて、ネガティブな反応こそ、全力で受け止める。

「ツイッターにネガティブなことを書き込むって、よっぽどでしょうから、きちんと向き合わないと。実際に、コメントをもとに改良もしています」(津野さん)

 例えば、ゲストがロープを持って入る迷路。「ロープが短くて隣の人とぶつかるから内容に集中できなかった」という投稿があり、すぐに長さを変えた。

「ホラー」というワードで検索して、ショーのメインターゲットとなる20〜40代の女性たちの消費動向もウォッチしている。イベントの感想を見ていると、男性は「怖かった」だけの人が多いが、女性は「内臓エグかった」などといったコメントとともに、イベントで使った内臓の画像もアップしていたりする。

「グロテスクなものは女性のほうが平気みたいです。もっと激しいものを作ってもいいのかな、などと見極めるのにも役立ちます」(津野さん)

 社内での情報共有に関してはどうか。メールだけでなくソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の活用が、やはりだいぶ広まっている。

 近畿大学広報部では、仕事の報告やポスターに載せる文言の相談など、部内でのやりとりにもSNSを活用する。

 これまではLINEを使っていたが、「プライベートでもLINEを使うので、区別したい」と、今年からビジネス用SNSのSlack(スラック)に切り替えた。

「新聞やネットで見つけた大学や教育関連のニュースなどもどんどんアップして共有します」(加藤さん)

 最新のアプリを駆使する職場がある一方で、スマホにほとんど頼らない課長もいる。

 意外にもアナログなのはヤフーの長谷川琢也さん(39)。重要な情報源は「人のうわさ」だ。

 港へ行って漁師から直接「こないだの台風でカキが落ちちゃった」「明日はサンマの初水揚げだよ」などの話を聞いてくる。そして、東京と毎朝行うテレビ会議で報告する。遠隔で構成するチームだからこそ、リアルな声、情報の温度感まで共有できる。これが、一体感を保つ秘訣なのかもしれない。

 市場の動向や世の中を定点観測するという意味では、新聞も根強く支持されている。

 三井不動産の小川将さん(47)は、日経、読売、朝日の3紙をチェック。ヤフー長谷川さんの河北新報と石巻日日新聞、広島県庁の大濱清さん(51)、大内貞夫さん(54)の中国新聞など、ローカル紙もその土地でのビジネスに欠かせない情報源だ。

●必ず電話でフォロー

 Sansanのシニアマネジャー、芳賀諭史さん(37)の情報収集のコツは、「基本的なものを、毎日継続してきちんとチェックする」ことだという。

「以前は新聞各紙を読み比べたりしていましたが、情報が多すぎると深みがなくなる。情報は絞り、継続してウォッチするという王道のやり方に戻りました。仕事に関係するIT関連の情報のほか、最近はAI関連のニュースもチェックしています」

 よく使うのは日本経済新聞のアプリ。紙で読むと自分が興味のないニュースも目に入ってくるため、アプリを使って欲しいニュースだけを読むようにしている。営業先の企業に関するニュースを事前にチェックすることも欠かさない。

「事前に『ちょっと』でも調べられるかどうかで、仕事の進み方に大きな差がつくと思います」

 育休中の妻、明恵さん(35)は、参考になりそうな日経新聞の記事を切り抜いて、毎日、芳賀さんに渡してくれる。

「名前をもじって『アキュレーション』と呼んでいます。頼りにしています」

 業務に直結する重要な情報が行き交う主戦場といえば、やはりメールだろう。刻々と埋まっていく受信ボックスの中で重要な情報を逃さないための工夫も、それぞれがしているようだ。

 芳賀さんは、少々事務的になっても、「記述のわかりやすさ」と「レスポンスの速さ」を重視。

「『Re:』が続くうちにメールの内容が変わることがありますよね。そんな時は、タイトルを変えて冒頭に【改題】とつけます」

 USJの津野さんも、メールはなるべく簡潔に、要件を明確に書く。ただ、

「そこに至った過程や詳細は、後で電話で話すようにしています。メールだけで仕事が終わったと勘違いしてはいけない」

 近畿大学の加藤さんは、余計な「CC」を入れないよう、部下にも指導している。

「メールが多いので、埋没を防ぐためです。CCメールは、報告にはなりません」

 そして、メールの署名には、いま一押しの案件のキャッチコピーを添えているという。

「一本のメールでも、宣伝ツールになりますから」

●ハドリアヌス帝が師

 仕事に困ったとき、初心に帰りたくなったとき、本棚から手に取るのは、どんな本だろう。

 中間管理職の悩みは尽きないのか、ハドリアヌス帝から、孫子、宮本武蔵、ドラッカーまで、古今東西のマネジメント本が集結した。

「指導する立場になってからは心の持ち方や教え方、マネジメントに役立つ本を読むようになりました。昔は小説や随筆が好きで、そういうのはほとんど読まなかったんですけど、環境によって変わるものですね」

 と話すのは国立国際医療研究センターの竹下望さん(40)だ。

 竹下さんが挙げたのは『五輪書』。宮本武蔵が勝負事に関する自分の考えを書いた兵法書だ。短文で分かりやすく、さまざまな解釈ができるように書いてあるので、折に触れて読み返している、と竹下さんは言う。

 同じく兵法書でも、USJの津野さんは『孫子』を挙げた。

「リサーチと補充のための人員は十分にたくわえておくように、とか、戦うと決めたら勢いに乗って徹底的に攻め込むべし、とか。戦略を練るうえで重要なことばかりなので、参考にしています」

 Sansanの芳賀さんは、「五賢帝」の一人であるハドリアヌス帝(76〜138)を尊敬している。彼を主人公に書かれた本が『ローマ人の物語 25』だ。

「疲れない実務家」「天才的なオーガナイザー」とも称される皇帝だ。

 広大なローマ帝国の各地に自ら足を運んで、安定した国造りに努めた。兵士の寝具を改良するなど実務家としての側面が強いことから、高く評価されている。中長期的な視点を持ち、着実に実務をこなしていく姿にひかれるのだという。

 そして「マネジメント」の教科書の定番として外せないのがドラッカー。三井不動産の小川さんは、4月に新しい部署に異動し改めて読み直した。ことあるごとに読み返し、新たな気づきを得ているという。(編集部・高橋有紀、竹下郁子、福井洋平、編集協力/河嶌太郎)

※AERA 2016年10月10日号