〈3年間パートナーとして共に歩んできた彼と、それぞれ別の道へ進むことになりました〉

 歌手の浜崎あゆみ(37)が9月11日、夫の米国人大学院生と離婚する意向を示すメッセージをファンクラブサイトに掲載した。所属事務所はマスコミの取材に、「プライベートなことなのでノーコメント」としている。

 1999年のファーストアルバムが約150万枚も売れ、女子高生のカリスマとして君臨した。歌姫が最初に結ばれた相手は、オーストリア人俳優。出会いからわずか5カ月、2011年元日に“スピード婚”を発表したが1年後に破局。今回は2度目の離別となる。

「(1回目は)米国では婚姻関係にありましたが、日本では婚姻届が未提出のため、国内の戸籍上は未婚のままでした」

 そう解説するのは、芸能評論家の三杉武氏。

「そして13年末、10歳年下の医大生との婚約を発表し、翌春に都内の区役所へ婚姻届を提出します。浜崎はその後、ロスを活動拠点にしたものの、ほどなくして日本に戻しています」

 浜崎はライブやテレビ出演などで活発に活動してきた。私生活はほとんど見せないが、この夏には自身のインスタグラムに、こんな意味深な投稿があった。

<人生は人それぞれだから、去るものは追わない>(7月26日)

 そして飛び出したのが、冒頭の別れの言葉だった。

 浜崎は今、シフトチェンジが必要との指摘もある。

「恋愛の歌を中心に歌ってきましたが、コアなファン層だったかつての女子高生も30代半ば。恋愛よりも家庭へと中心軸が変化しています。作りだす作品とファンとの間にズレが生じつつあります」(芸能記者)

 禁じていた写真撮影を今年のライブから認めたことも、ファン離れを食い止める苦肉の策とみられる。楽曲の販売も不振が続き、浜崎を取り巻く状況は公私ともに明るいとは言えない。

 それでも、「恋愛の歌姫として頑張り続けて」と話すのが、コラムニストのペリー荻野さん。

「作品と自身の年齢に生じるギャップは、クリエーティブな仕事を長く続ける人にしばしば起こる課題。でも松田聖子さんを見てください。54歳で永遠のブリっ子を貫く姿勢は、もはやあっぱれの域。今は人気が少し下火でも、あと15年もすれば流行は回ります。金髪とサングラスをアイコンに、50歳でも60歳でも恋愛の歌を歌い続けて!」

 恋多き歌姫だけに、3度目の幸せの報告も、そう遠くないのかもしれない。

※週刊朝日 2016年9月30日号