漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、松嶋菜々子を主演に広告業界を描いたドラマ「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ系 木曜22:00〜)について批評する。

*  *  *
「半沢直樹」「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」など、主人公の名前付きタイトルは、その職業にフォーカスしたドラマが多い。

 吉良奈津子(松嶋菜々子)の勤務先は広告代理店だ。

 40歳手前で結婚し、出産。3年ぶりに職場復帰したら、バリバリのクリエイティブディレクターから、頭下げまくりの営業職へ異動することに。ここで営業の苦労が描かれるかと思いきや、ベビーシッター(伊藤歩)が、「私、ご主人(原田泰造)を愛してます」って不倫話ですよ。

 これって「半沢」で、銀行組織のバトルを見てたら、急に嫁(上戸彩)が「斎藤工と浮気してたの」と、「昼顔」展開に持ち込まれたような「それじゃない」感。

 しかも、夫が泰造よ。ベビーシッターとホテルで危険なムードになっても、こっちの耳にこだまするのは「曲がったことが大嫌い〜、はーらーだたいぞうです!」。ほぼほぼコントだから。せめてディレクター役の松田龍平が夫だったら、見てる方のテンションも上がるけど、泰造の不倫話が出てくるたびに、お茶の間の温度は冷えこむばかり。

 肝心の営業仕事も、クライアントのお偉いさんが枕営業要求したり、上司が土下座を強要したり。なんだこれ、江戸時代かってな古臭いエピソードを重ねたあげく、営業開発部は廃部の危機に。リストラ話に、「私がそんなことはさせないわ!」と宣言する奈津子。と、部下・DAIGOが「あんたに何ができんの?」と絶叫。もうね、気がふれたかと思いました。部のメンバー一人一人の欠点を指摘していくんだけど、DAI語で言えば「MBY」。まじ棒読み。誰だ、DAIGOにこの役やらせたの。

 奈津子に対しては、「単なる40過ぎの子持ち。枯れたお飾り」と、松嶋菜々子にそんなこと言っちゃっていいのかスタッフー! と、無駄にドキドキする場面なのに、「MBY」が気になって、それどこじゃない。「ここにいるのは会社にいらない人間ばかり。営業開発部はゴミ箱なんだぁーッ! ハハハハハッ」と、高笑いするDAIGOを、今すぐゴミ箱にゴーしたくなるいたたまれなさよ。

 松嶋菜々子、広告業界、旬の俳優・松田龍平。いかにもかつてのフジテレビ的布陣だったのに、何かが違うこのドラマ。まさに今のフジ的な「かゆい所に手が届かない」感満点なのだ。

※週刊朝日 2016年9月30日号